「チビのサトル」のこと

「夢見た自分を取り戻す
成人ディスレクシア、50代での大学挑戦」
著:井上智
エンパワメント研究所 2018

井上智さんの「夢見た自分を取り戻す」を読んだ。
この感想は、情報が流れさってしまうように見えるfacebookではなく、当ブログに書きたいと思った。

同じように感じた人も多いようだが、
前作「読めなくても書けなくても勉強したい」
は、教師を仕事としている者にとっては、読むのが辛い本でもあった。

読めば否応なく
「自分が何もできなかった、あるいは見逃してしまったいた何人かの井上さん」
の事を考えずにはいられない本だからだ。
見逃した事実に気づくのも辛い。
気づけていながら何もできなかった場合も辛い。
辛いからこそ読まねばならない本だった。

大学への挑戦と、その並々ならぬ大変さ、
そして伝え聞こえてくる、大学生活の充実ぶりについて、
リアルタイムで知っていたからこそ、
この本がどんな内容になっているのか、ある意味ドキドキしながらページをめくって行った。

前作とは別の意味で、心臓が掴まれるような気持ちで読み進めた。
特に「チビのサトル」に出会う時はページを繰る指が止まった。

この本には、随所に「チビのサトル」が登場する。
彼が出て来ると、読む者の目の前で、現在と過去が一瞬にして一つに重なる。
「どんなに今が良くても、決して甘美にはならない過去」
があることを「チビのサトル」が教えてくれるのだ。
過去があるからこそ、今を肯定できる、などという簡単な話ではないことを、
「チビのサトル」が教えてくれる。

「チビのサトル」は「不良のサトル」や「社長のサトル」と共に、
傷ついた心のまま、
井上智さんの中に共存しているのだ。

だから井上さんは、優しい言葉で
「でも、もう大丈夫なはずなんだよ、みんなが君を見つけてくれるから」
と何度も何度も「チビのサトル」に語りかけるのだ。

一人の「オレ」の物語としてもすぐれた本だが、140ページからの
「オレからみんなへ」
でこの本の価値はさらに大きくなる
(気恥ずかしいので書きにくいが、この本が与えてくれる感動も頂点に達する)。

ディスレクシアのみならず、障害それ自体は治らない。
もちろん、それによって失った過去の機会それ自体は戻らない。
でも、メガネのように障害を補う武器を得ること、
助けを借りていいんだとわかる環境、
そして実際に手助けしてくれる人を得ることで、
人生は確実に変わる。

大事なのは、
それを得るための努力を「チビのサトル」に強いるな、と伝えてくれていることだ。
「チビのサトル」を見つけて、
大丈夫、と言ってあげて、
本当に大丈夫にしてやってくれ。
と教師たちを鼓舞してくれている。

決して忘れてはいけないのは、
「チビのサトル」は、必ずしも教室の片隅で寂しそうにしているわけではないのだ。
にこにこ明るく過ごしている、クラスの人気者の心の中に、傷ついた「チビのサトル」が隠れているかもしれない。
扱いにくい青年の何重にも固めたガードの中に、隠れているかもしれない。
だから簡単な話ではないのだ。

でも、この本の照らす先に、きっと「チビのサトル」がいるのだ。
見つけ出す手がかりはもらったのだ。

大学生となった智さんが「チビのサトル」とは同じではないように、
この本を読んだ私たちは、昨日の私たちではない。

購入はこちら

ひとまずのまとめ そしてこれから 


日本財団のウェブサイトはこちら

というわけで、予想以上に長い報告になりました。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。
ひとまずのまとめです。

県内外合わせて10回のセミナー・体験を行いました。
ここまで書いてきたように、この活動は今後も継続していきたいと思っています。
すでに今年、2018年の6月に佐賀・福岡に伺えましたし、
記事にも出てきたS先生をはじめ、他校の先生方にも続けて間に入っていただきながらの支援継続が約束されています。
県内外で、同じ悩みを抱えつつ、同じ熱意をもっている方々と連携して進めていきたいと思います。

また、マニュアルに関しても刷新を続けていきます。
基本的に会場に来てくださった方向けに内容を絞ってマニュアルにしていました。
今後はマニュアル単体でも理解ができるものにしたいと思っています。

最後に各会場や学校で体験していただいたお子さん・家族・先生方の様子を写真で紹介します。
セミナーに参加していただいたお子さんとご家族には、お顔がわかる形での写真掲載の許可をいただいていない方がたくさんいます。
そのため、今回は表情がわからないものが多いこと、ご理解ください。
この報告記事を見ていただいた上で、順次写真の掲載なども増やしていきたいと思っています。
改めて、お子さんたちの真剣な顔、嬉しそうな顔、びっくりした顔、さまざまな表情を見ていただければと思っております。
それでは、次回は是非みなさんのお住いの地域で、障害の重いお子さんのコミュニケーションについて学ぶ機会を共有できますように。

県内セミナーハイライト 長野県花田養護学校


日本財団のウェブサイトはこちら

そして、県内でも様々な場所でセミナーを行うことができました。
中でも最も規模が大きく、重要な意味があったのは2018年2月17日に花田養護学校で行ったセミナーです。
その理由は二つあります。

まず、マニュアルの完全版を投入したセミナーとしての意義が大きいです。
今回のセミナーは、
(1)アセスメントの考え方と手法について学んでもらい
(2)実際の体験をし
(3)さらにはできる限り継続的な支援を行う
ということを目的にしています。
実際に、現在も連絡を取り合って、アセスメントや視線入力のサポートを継続しているお子さんが何人もいます。
ここで、重要なのは、
(1)の「アセスメントの考え方と手法について学んでもらう」という部分を、できるだけわかりやすく説明することです。
それがうまくいかないと、お子さんのコミュニケーション能力について考えてもらい、視点を共有するということができません。
そのために、セミナーの導入時にお話しする内容をマニュアル化してあるわけです。
マニュアルは回を重ねるごとに少しずつ改訂し、そして前述の通り、多くの人の手を借りて、完全版になりました。
この花田養護学校の研修で、それを投入することができ、思い出深い回になりました。

もう一つは、
日本財団から取材の方も来てくださり、こんな素晴らしい記事にまとめてくださったことです。

今回の活動内容をとてもわかりやすく紹介していただいています。

さすがはプロの取材といいますか、セミナーのポイントがわかりやすい写真と共にまとめられていて、とても良い振り返りになりました。
花田養護学校は、これまでにも研修会で何度もお邪魔していますが、
毎回キーパーソンとして動いてくれるのは、信州カンファでもお世話になっているS先生です。
S先生をはじめ、教頭先生や教務主任の先生の暖かいフォローで、今回も素晴らしい会場設営と運営ができたと思います。

会場に来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。
また、お会いましょう!

講師F先生がなぜこのポースなのか、今となっては謎。でも、楽しくわかりやすい事例紹介でした。


最新マニュアルや、視線入力機器のパンフも多数揃えて、受付も賑やか

県外セミナーハイライト 佐賀県


日本財団のウェブサイトはこちら

ここまで紹介してきたような経緯を経て、いよいよセミナーのスタートです。
なんと第一回から県外。
2017年6月2日には早速佐賀県に伺いました。
ドロップレット・プロジェクトと縁の深い、佐賀県のST・山口さんの差配で会場や集客については完璧。
なんともスムーズなスタートを切りました。
この山口さん、まさにかつてドロップレントでお世話になった方なのです。

この佐賀県の例に限らず、すべての会場では基本的に
「三項関係の理解とは」「理解と表出のアセスメントとは」
という基本的な内容の確認を踏まえて
「ビデオや、最新の機器(OAK)を使った記録、観察、分析方法」
「視線入力の実技」
という流れが基本になっています。
おかげさまで、大勢の方に参加いただきました。
協力いただいた事業所のミルキーウェイさんから来ていただいたお子さんに実際に視線入力を体験していただきました。

視線入力初体験。見てくださいこの素敵な笑顔!


参加者のみなさんも素敵。成功したら拍手を!でみなさん大喝采。

この佐賀のセミナーを取り上げるのは、最初だから、というだけではありません。
今回の事業で大事にした「継続性」という点でも大きな意味があるからです。
日本財団さんの支援を受けての事業は昨年度で一旦終了しましたが、活動自体は継続しています。
なんと、今年2018年も同じ6月に佐賀、福岡に伺うことができました。

今度はなんと、多機能事業所ミルキーウェイに伺い、そこで直接6名のお子さんに視線入力の体験・フィッティング・導入相談を行いました。
「昨年度、理論と基本は教えてもらったので、今回は職員がさらに具体的に体験をしたい」
というご希望で、なんとすでに自前の視線入力機器や、固定具パソッテルなどの機器も導入済み。
あれから1年で、ここまで。
なんという実行力でしょう。
そのスタートのきっかけ作りのお手伝いができたことは、大きな喜びです。
マニュアルはすでに品切れ状態だったのですが、職員分コピーしていただき、今回初めて聴く方にも、基本はもう一度おさえていただき、
その後はお子さんたちにどんどん試していただきました。
今回もまた大勢の笑顔や、保護者の方々の驚きの表情に出会えて、充実した旅になりました。
関係者のみなさん、本当にありがとうございました。

上の写真から1年後。こうした取り組みや関わりが続けられるのは嬉しいことです。


スタッフのみなさん、保護者んも含めて、本当に大勢に方に参加していただきました。

アセスメント用機材


日本財団のウェブサイトはこちら

日本財団さんの助成をいただくことで、揃えることができた主な機材、その中でも主に視線入力関係の物を紹介します。
PCや視線入力用ユニットだけではなく、なかなか自己資金だけでは購入がしにくい、高価なソフトウェアや、
固定用スタンドやアーム類など、使うお子さんの姿勢に合わせて適切な位置に機器を設置する道具を各種揃えることができました。
機器やソフトウェアの多くは、視線入力装置の国内正規代理店(株)クレアクトさんから購入しました。
県内外、津々浦々持ち歩いた機材なので、丁寧に扱っていても、故障が心配です。
実際一度故障がありましたが、クレアクトさんに即座に対応していただき、事なきを得ました。
こう言う時はやはり、正規代理店は安心、と思った次第です。

視線入力用PCと、PCEyeえくすぷろあ


センサリーEye-FX


24インチ外部モニタ


機器固定用スタンド

アセスメントのポイント


日本財団のウェブサイトはこちら

二項関係、三項関係理解、という視点からのアセスメント方法は、
その根幹に関わる部分や手法(刺激の統制と制御、探索行動を引き出す提示と消去など)については、
前述の通り、中邑賢龍先生をはじめとする、東大の先生がたに大きな影響を受けています。

そして、それを具体的に児童生徒に適用していく部分に関しては、
県内の仲間である田城聡子先生や、原伸生先生から、多くの知見やアイディアをいただきました。

セミナーマニュアルにある、原先生の文章を紹介します。

二項関係・三項関係をふまえた支援はなぜ大切か?
このように、自分と物、自分と他者の閉じた二項関係が、次第に自分と物と他者の三者の関係に変化していき、
子どもが物を意識するだけでなく同時に大人の存在も意識する、さらに大人がその物に注意を向けていることを意識するようになります。
これは、初期のコミュニケーションとしてとても重要です。なぜなら、物や事を媒介として相手とやりとりすることがコミュニケーションの基本形態だからです。
障害のある子どもの教育的支援を行う支援者は、子どもたち自身の世界との関係の持ち方が二項関係であるか、
三項関係であるのかを知ることはとても重要です。
なぜなら、両者の違いによって目標や支援方法が異なってくるからです。

この平易かつ読みやすいのに、無駄のない説明。
本当に仲間ながら見事なものだと思います。
日頃知識や視点を共有しているつもりでも、こういう文章で改めて提示してもらえると、
より理解が深まる気がします。

実際のセミナーの運営だけでなく、資料作りや研究的な側面の推進に、多くの仲間の協力を得られたことが、今回のセミナーの成功の理由と言えると思います。

「黙って観るコミュニケーション」とOAK

「黙って観るコミュニケーション」が、重度重複障害児者の支援に関わる人に与えた影響は決して小さくないと思います。
特に、そこに収録されている香川県高松養護学校の実践の衝撃は、当時その発表を見た、竹内画伯もこんな記事にまとめているほどです。

一部引用します。
正直、これまで重度重複障害のお子さんの理解という部分は深く考えたことが無かった。
視力や聴力の状況や普段の様子、反応などから、「こんなことを快・不快と感じているだろう」くらいは私だってちょっとはわかる。
ただ、じゃあどうやって教育的アプローチをするのか、というところまではちゃんと考えたことが無い。
私が養護教諭だからか?いや、担任の先生方だってたぶんそれほど大きく違わないんじゃないだろうか。
だって、失礼ながら、スイッチをたたく姿は見られても、その因果関係を理解していないように見えるケースはいくつも見た。
もちろん悪い支援をしている訳ではなく、その子の発声に応えたり、その子の特徴を捉えた快の関わりはたくさんある・・・が。
谷口先生の(佐野先生との連名なので、実際にはお二人の)取り組みは、OAKをアセスメントツールとして用い、重度重複障害のお子さんをもう一度丁寧に実態把握し、有効なアプローチにつなげるという、一見地味なもの。(いや、地味と言うか着実な、すごく丁寧な実践ですよ!)しかし、底が知れない。
私はこの実践発表を聞いて、すごいと思うとともに怖さも感じたのです。
これまでの私たちの関わりは本当に正しかったのか?「教育」と言えただろうか?その子を本当に理解していると言えただろうか?
もしかして、「何もしていなかった」「漫然と生活していただけ」という人生を山ほど作ってきたのではないか・・・?

(引用終わり)

OAKの活用、ということを軸に始まった重度重複障害のお子さんとのコミュニケーション再考ですが、
私たちにとっては、圧倒的な実践を突きつけられた衝撃、という形で一旦は一区切りを迎えます。
しかし、この黙って観るコミュニケーションにつながる取り組みは、
稲荷山養護学校の研究にも多くの影響を与えました。
高松養護とはまた違ったアプローチではありますが、校内で簡単にできるアセスメント、という視点で
三項関係理解を軸にシンプルな手法を探求する、という今に繋がる基盤ができたわけです。

そしてそれをより積極的に進めていくために、
ドロップレット・プロジェクトとしての活動という形でセミナー運営に広げていくことになったわけです。

2017年度日本財団助成事業 重度重複障害児向け意思伝達セミナー のまとめ


日本財団のウェブサイトはこちら

コミュニケーションシンボルの開発や、DropTalkの開発、
そして、様々な研修会・講演会での講師など、
ドロップレット・プロジェクトは多くの活動をしています。
その中でも、大きな活動の柱になっているのが、様々な支援機器の活用を軸にした、出張セミナー。
それは2013年に行なった「ドロップレント」というiPad貸出&活用セミナーに端を発します。
そのドロップレントの活動が元になって、今も続いているiPad活用コミュニケーション講座、通称「アイカツ」があったりします。

今となっては伝説とも言える「ドロップレント」ですが、これは日本財団さんの支援を受けて行なったものでした。
昨年度はその出張セミナー活動の一つの集大成として
「重度重複障害児の意思伝達能力拡大セミナー」と銘打った研修会を行い、幸いにもまた日本財団さんからの支援をいただくことができました。
昨年度中にも、サイト内やブログで散発的に記事をまとめていたのですが、
ここ最近のサーヴァーの重さや、諸々の障害があって、情報が探しにくいものになっていました。

日本財団さんからの支援を受けた事業は昨年度で一旦おわりましたが、
幸いにそこで揃えた機器を用いて、今年度もこの活動を継続することができています。
そこで改めてここまでの活動をまとめて読みやすい形にして残してみたいと思います。
みなさんの参考になれば幸いです。

記事目次
1、この活動を始めたわけ
2、黙って観るコミュニケーションとOAK
3、アセスメントのポイント
4、アセスメント用機材
5、県外セミナーハイライト 佐賀県
6、県内セミナーハイライト 長野県花田養護学校
7、ひとまずのまとめ そしてこれから 

内容、項目共に今後、可能な限り追加していければと思います。

この活動を始めたわけ


日本財団のウェブサイトはこちら

この活動を始めたきっかけは、今回のセミナーのために作成したマニュアルの後書きに記してあります。
長くなりますが、引用します。

 この冊子は、障害の重い子の理解と表出をアセスメントするための、基本的な考え方とその実践方法を学ぶために作られました。
 障害の重い子と生活していると、この子はどこまで「わかっているのか」と悩むことがあります。
 その答えを出すことはとても難しいことです。そこで支援者は「きっとわかっているにちがいない」と、
 敢えて信じることで、たくさんの言葉がけをしたり、選択肢を提示したりします。
 時々見られる微弱な表出を捉えて「わかっている」と判断したり、何も反応がないことでまた悩んだりと、安心と心配を繰り返したりします。
 そんな人たち全て共通するのは、目の前にお子さんのことを本当にわかりたい、という強い願いです。

 長野県稲荷山養護学校では、このような状況を踏まえて、重度重複障害のお子さんとのコミュニケーションと、
 そのベースになるアセスメントについて、様々な側面から研究を続けてきました。まだまだ研究と実践の道半ばではありますが、
 ここまでの成果を一旦みなさんと共有し、より良い取り組み方を考えて行きたいと考えました。
 そこで、三項関係を軸にしたアセスメントとその実践方法、実践事例をマニュアル化し、同時に活用方法研修会を行うことにしました。

 2015年に「黙って観るコミュニケーション」という本が出版されました。
 これは障害の重い子とコミュニケーションをとるために、敢えてまずは「黙って観よう」と提案する、画期的な本でした。
 同じ悩みを共有し、本当のコミュニケーションを希求する多くの支援者に読まれています。
 本冊子の執筆メンバーには「黙って観るコミュニケーション」の事例執筆に関わったメンバーもいます。
 基本的な考え方は「黙って観るコミュニケーション」の執筆者である、中邑賢龍先生、巖淵守先生、武長龍樹先生のビジョンに多大な影響を受けています。
 アセスメントの方法、特に具体的な手順やICTの活用方法については、別のアプローチを取っていますので、それぞれの良いところを参考にしていただければと願っています。

 最後に、この実践の成立までに多くの貢献をしてくれた、旧自立活動室専任教諭・田城聡子先生、
 東大との連携や重度重複研究を応援してくださった稲荷山養護学校長・宮坂正先生、前校長の中原順治先生、
 本実践に研究助成をくださった日本財団のみなさんに心から感謝いたします。

そう、今回のセミナーと一連の活動は、まずドロップレット・プロジェクト代表・青木や、イラストレーター竹内も勤務する、
長野県稲荷山養護学校が、東京大学先端科学技術研究センターと連携して(というのも少々おこがましいですが…)始まった重度重複研究に端を発しているのです。

ドロップトークがついにWindowsに対応

「視覚シンボルで楽々コミュニケーション2」はATACに間に合わせることが目標でした。
そして、ATACに間に合ったものがもう一つあります。
そう、DropTalk Windows版です。
ATACで正式にお披露目され、大きな反響を得ることができました。
というか、ここ数年デモは、開発会社のHMDTさんが自らやってくださっています。
ドロップレット・プロジェクトのメンバーは、それを見守るのみ。
ありがたや。

そしてATACから1週間。
ついにDropTalk Windows版が正式に販売開始になりました。

まだご存じなかった方は、まずは是非こちらにアクセスしてみてください。

次ページへ »