畠山卓朗先生のこと

2016年12月29日。
今日がこんなに悲しい日になるとは思いもしなかった。
畠山卓朗先生が亡くなられたとの知らせが、facebook経由で入った。
嘘であってほしいという気持ちと同時に、全く実感が湧かず、何をしたら良いのかもわからない茫漠とした気持ち。
もちろん自分には何もできることなどなく、今はただ、この不安定な気持ちから逃れるために、よりにもよってブログ記事などを書こうとしている。
もしかしたら、書き終わったらすぐに破棄するかもしれない。
混乱しているだけなので、数日後には消去するかもしれない。
でも、今日、先生がこの世界から旅立たれた日に、何かやっておかないといけないような気持ちで書いている。

自分が畠山先生にお会いしたのは、20年前。
最初のATACが香川県で行われた時。
発表のために恩師と共に参加し、その懇親会場で、初めてお会いした。
恩師も畠山先生にお会いするのは初めてだった。
お互いにAAC研究者、実践者として会いたいと思っていたそうで、
畠山先生は
「K先生、お会いしたかったです。」
と優しい口調(そう、ずっと変わらないあの口調だ)で話しかけ、
その後ぎゅっと、恩師の手を両手で握りしめた。

その素直な握手がとても印象的で、美しい仕草に思えた。
恩師が自分を紹介すると、畠山先生は同じようにぎゅっと握ってくださった。

人生で一番思い出深い握手は、あの夜の畠山先生の握手だ。
あれ以来、自分も先生のような握手を、と思うことはあるが、だいたい訝しがられるのが落ちだ。

その後まもなく、先生の研究室で、持参したNewton Message Padを間に挟んで、ドナルド・ノーマンの思想や支援機器のUIデザインについてお話をする機会を得た。
短い時間ではあったが、コンピュータベースのVOCAを携帯端末に移植しようとしていた自分には、驚くほど刺激的な時間だった。

多くの人がそうであるように、畠山先生の講演は何度も聴き、その度に新しい発見があった。
そこからどれだけのことを学ばせていただいたかわからない。
しかも、それに加えて人生の節目節目で、先生に優しい言葉や基本に立ち返る言葉をかけていただいたことは、自分の幸運だろう。

大学や企業との共同研究を辞め、徒手空拳でDroplet Projectを始めた。
ATACではポスター発表からの出直し。
その時にはドロップスのデザインを褒めてくださり「また活動してくれて嬉しい」という言葉をかけていただいた。
涙が出た。

初めてDropTalkをお見せした時に
「すごい。ついにここまできましたね」
と言っていただいた時には、何年もの苦労や屈託が吹き飛ぶ思いがした。

先生ご自身は、iPhoneのような物理的フィードバックのない機器を障害者向けのプラットホームに選択することは、正直お好きではなかったと思う。
事実、そういう言葉もいただいた。
実は自分もそれは同じで、iPhone・iPad上で動くDropTalkがVOCAのあるべき姿だとは思っていない。
「いずれこれ以上の物を作ります」
とお答えしたが、その約束は果たせぬままお別れすることになった。

先生の思い出をゆっくり噛み締めたい人が、何かの拍子にこの文章を目にしたら、あまりに拙速な自分語りを不愉快に思われるかもしれない。
それは申し訳ないと思う。
だが、あなたと同じように、畠山先生の姿に学び、励まされた者が、それを忘れずやり続けることで、支援技術の次の扉が開くはずだ。
旅立たれた先生もきっとそれを望んでいるだろう。
だから自分はここまでやり続けられた。まだやり続ける。
畠山先生、ありがとう。

お気に入りキーボードがお気に入り

PCのキーは、知的障害、肢体不自由の子にはとっては打ちにくいことが多いですね。
かな表記だけのキーボードや、五十音配列のキーボードは、なかなか手に入らなかったり、ディスコンになっていることも多いです。

キー配列が自由に変えられて、キーのサイズも変えられて、一つのキーの文字列を割り当てられて…そんなキーボードないかねえ。

ありましたよここに!その名も「お気に入りキーボード」

まずは、しましま先生のご用命に答え、助詞学習用キーセットを作成。
大好評。
勢いにのって、更にキーが多い「プログラマブルキーボード」を入手して、五十音かな配列キーボードを作成。
大好評。
PCのキーボードやiPadのキーボードをそれなりに使っていた子も、ほとんどの子が
「こっちの方が使いやすい!」
と大絶賛。

代表は本日「日本肢体不自由教育研究会大会」で「障害の重い子どものコミュニケーション指導」という枠を担当させてもらったんですが、そこで初めてこの製品の実践活用例紹介。
フロアの方々にも好評だったので、ここでも紹介する次第。
信州カンファでも展示しますよ。

さて、肝心のこの製品を作っている企業。
その名も「長野テクトロン」
なんと長野県の会社だよ!ブラボー。
いやあ、こんな素晴らしい会社があるなんて。
探し続けた甲斐があったね。ようやく見つけたよ。
稲荷山養護学校から、徒歩10分の場所で。いや、マジで

こちらが30キー版。単語を組み合わせて文章が作成できるようにカスタマイズ。

こちらが30キー版。単語を組み合わせて文章が作成できるようにカスタマイズ。


こちらが96キー版。ひらがな入力専用にカスタマイズ。

こちらが96キー版。ひらがな入力専用にカスタマイズ。

盗んだバイクでAAC(意味不明)

盗んだバイクで走りだすー、ってそりゃいかんだろ!で笑っていた頃が懐かしいくらい、
今はそういう歌詞が本気で非難されたりで、やや息苦しい。

中学部の時に、iPadとトーキングエイド for iPadの導入をお手伝いしたG君。
この春からは高等部生。

廊下を通りかかったら、たどたどしい発音で
「先生〜」
と呼ぶので近づくと、トーキングエイドで色々話しかけてくる。
G君「タバコ吸いたい。タバコは何歳から?」(と、トーキングエイドで)
代表「タバコは20歳。ちなみに選挙は18歳な」などと時事ネタを絡める。
G君「お酒は?お酒のみたいよ」
代表「お酒も20歳から。えらい人たちはみんな20歳で辞めるみたいよ」
などと楽しく会話させてもらいました。

担任の先生が「もー、G君てばこんな話しばかりするんですよー」と嬉しそうに笑いながら教えてくれました。
かつて、AACの大家が
「VOCAで雑談とか悪口とか言うようになったら、その道具は本当に役立っている」
というようなことをおっしゃったことを思い出します。
本当は「雑談や悪口」より過激な言葉だったけど。

バイクは盗んじゃいかんが、大人が眉をひそめるくらいのことができるAACツール。
素晴らしい。

IMG_3408

負けているのはOSだけ(SONY製タブレット雑感)

旧聞だが、Sonyがタブレットの生産を終了したそうで。
残念ではあるが、いかにSONYでも、今のタブレットをめぐる状況の中で勝ち残っていくのは苦しかったのだろう。

自分もご多分にもれず、AppleでなければSONYという人で、なんだかんだ言ってVAIOをはじめ、SONY製品は本当にたくさん持っている。

実質SONYの最終タブレットとなってしまったXperia Z4も持っている。
このZ4は、SONYにしては完成度の高いタブレットで(長年のファンにもこう言われてしまうから、現在のSONYの凋落ぶりがよくわかる)、実に気に入っていた。

iPadがなかったら、メインで使っていただろう。
iPadがなかったら、というか、iOSがなかったら、だ。
そう、正直言って、Z4のハードウェアの出来はiPadにまったく負けていない。

勝っていると言ってもいい。
プラスチック筐体であることを生かし、突き詰めた軽さ。
細部の仕上げと、重量バランスの良さ。
そして何より、防水性能の高さ。濡れても誤動作しないタッチパネルは出色の出来だ。
完成品と言っていい。

負けているのはソフトウェアだけだ。
そして決定的なのは、やはりそこなのだ。

各社10インチフラッグシップ機に、専用のキーボードを装着。モバイルとやらはここまで来た。ソニーの得意技はここだったはずなのに。

各社10インチフラッグシップ機に、専用のキーボードを装着。モバイルとやらはここまで来た。ソニーの得意技はここだったはずなのに。

2月は風のように過ぎていった その1

…ということにしないと、無事新年度が迎えられませんね。
一気にいきます。

2人で1台使ってもらえたので、比較的スムーズな体験時間に。

2人で1台使ってもらえたので、比較的スムーズな体験時間に。

2月2日。長野市S中学校で、市内の特別支援学級担任の先生方対象の研修会講師。
ドロプロで新規導入したばかりのiPad Air2を10台持ってデモ機に。

キーボード

Apple社のキーボードが好きだ。

昔はMacにサードパーティ製のキーボードをつけて使っている、という人が結構いた。
昔は月に5、6種類出ていた(!)Mac専門誌にもそういう製品の広告は結構載っていた気がする。

自分はずっと純正派。
サードパーティ製も試したけど、その時代時代の純正キーボード、純正マウスが結局一番使いやすかった。

Macの軽量ノートは一通り買っている(買わなかったのはG4 12インチくらい)。
その場合は純正キーボード以外使いようがない。
なので、打ち心地はとても重要。Duo280cが一番戸惑ったかな。

時は流れて今やMacといえばMacBook Airのこと
と言っていいくらい、世の中はMBAだらけだ。

昔からのMacユーザーとしては内心忸怩たるものが…
なんてことは全然なくて、そこかしこでMBAを見かけるのは正直嬉しい。
本当にいいマシンだ。

モバイルパソコンの代名詞となったAir。
愛着はあるけど、さらに薄くて軽くて、しかもretina、の魅力には勝てず。

発売日に注文、そして到着。

何気に大きな変化なのが新構造のキーボード。
この打ち心地がこれから数年間、確実に仕事に影響する。

いろいろなニュースサイトでも注目されているキーボード。
さて、その出来は…。
MBSG

ぶんぶんくるま その4

正面もかわいい

昔、代表と画伯と同じ職場だったときに『ぶんぶんくるま』という会報を作っていました。

当時乗っていた車のこととか、気になる車のこと、車以外のことなどなど。

会員(?)が持ち回りで記事を書き、発行していました。発行部数5部とかでしたけど(笑)。おもしろかったなぁー。

ぶんぶんくるま その3

オオツボのミニもこの色でした

定期的にメンテナンスをしていれば、大きな故障はほとんどないと言いましたが、一度ラジエターの水が、ジャーっと、全部一度に抜けてしまったことがありました(笑) 。

とりあえずラジエターの穴埋め液を入れ、それからはまめに冷却水の量をチェックし、水を入れたペットボトルを絶えず車に積んで走っていました。

 

ぶんぶんくるま その2

ミニカーもかわいい

ずーっとミニに乗っていました。

奥さんが所有していた時も含めると、かれこれ17年ぐらいのお付き合いになります。

見た目のかわいさはもちろんですが、他にも好きな理由はあります。ミニの中でも古いタイプのキャブレター車でしたので、エンジンルームやその他の仕組みが単純で、ちょっとしたトラブルや故障は自分で対応できました。そんなところも好きでした。とにかくシンプルなところが大好きでした。

(よく外車は故障が多い、とか言われるのですが、定期的にみていれば、ドカンと大きな故障はほとんどありませんでしたよ。)

ぶんぶんくるま その1

かわいい車

現在の学校にお世話になる際、電話で校長先生に「オオツボ先生の紹介をするときに使いたいから。」ということで趣味を聴かれました。

古い車を直しながら乗るのが好きです、というようなことを伝えたかったのですが、うまいこと言えず、「車を“いじること”です。」と答えました。「それは“改造”ですか?」「う〜ん…、“改造”ではなく…。」

後日、校長先生のオオツボの紹介文に「趣味:車の“改造”」は出てきませんでした。

自分の思いを言葉で伝えることって大事ですね…(うん?そういうことか?)

次ページへ »