7月13日 秘密の会議

カンファの予告を1本やったら、カンファが終わってしまった。
夏の前半を振り返る。
7月13日。
イエロー養護で参観、会議、実験。
このあたりから怒涛のスケジュールが始まる。
IMG_6576

ドロップトーク兄弟 2.2.1に

すでにHMDTさんがブログで告知してくださっているので、
アップデートしてくださった方も多いと思います。
ドロップトークとDropTalk HDが揃って2.2.1になりました。
2.2で報告された不具合の修正とどまらず、ミュージックの画像の扱いが便利になりました。
以下、引用です。

・音声としてミュージックを選択した時に
 「アートワーク画像を使用」のスイッチボタンを追加
・シンボルの編集画面で、画像や音声をデフォルトに戻した時に、
 完了ボタンが有効にならない問題の修正
・シンボル画面の編集画面で、カメラを使って撮影した時、
 画像の縦横比がゆがむ問題の修正

HMDTさん、いつもありがとうございます。

アプリの紹介用スクリーンショットがわかりやすくなったこと、気づきました?

アプリの紹介用スクリーンショットがわかりやすくなったこと、気づきました?

ドロップトーク またまた大きな跳躍

おかげさまで、HMDT様のおかげさま。
というわけで、別に大売れしたわけでもなんでもないんですが、
純粋にHMDTさんからの出血大サービス的ヴァージョンアップです。

ドロップトーク、DropTalk HD共にヴァージョン2.2になりました。

今回の売りは音声機能の大進化。
・ボタンにiTunesから音楽を割り当てることができるようになりました
・合成音声でテキストを読み上げることができるようになりました

共に以前からぜひ実現したいと思っていた機能です。
ドロップトークシリーズを絶えず進化させ続けられる状況にあること、本当にありがたいことです。
ぜひ使ってみてください。
スクリーンショット 2015-02-25 21.14.03

記念価格

おかげさまでドロップトーク2.1も無事ラウンチ。
幸い好評価をいただいております。
なぜかランキングでは、DropTalk HDの方が久々にガーンと上に上がってますけど。

さて、賢明なる読者の皆様はお気づきと思いますが、今回ドロップトークもDropTalk HDも値段が変わってます。
両方2500円になっています。
これはドロップトーク2.1のメジャーアップデート記念価格です。
しばらくしたら揃って3000円になります。
なので、どちらも持っていなかった方は、購入するなら今がチャンス!
ということです。
お早めに!

スクリーンショット 2015-01-27 22.37.32
スクリーンショット 2015-01-27 22.37.10

ATAC2014 京都 レポ 12

続いては大急ぎで6日最後のセッション
「Drop Talk 体験・実践セッション -コミュニケーションに便利なiPadアプリ体験・実践セッション-」
へ。

昨年度もこの体験セッションがあったんですが、その時は30分。
今回は50分に拡大していただくというありがたい扱い。
でも、スケジュール機能がついたので、時間としては結構ギリギリ。

参加者は20名限定でしたが、おかげさまで朝の受付であっという間にいっぱいになったとかで。
みなさんの口から「おお!」とか「便利〜」といった声が出るたびに、嬉しくなるドロプロでありました。
みなさんありがとうございました。

DropTalkに関しては、2015年の早い時点でまた良いご報告ができると思います。
お楽しみに。

盛大にロクロを回しております。

盛大にロクロを回しております。

ATAC2014 ドロプロ出没情報

この画像はなんだ?と思われる方も多いでしょうが...。詳細は次回

この画像はなんだ?と思われる方も多いでしょうが…。詳細は次回

今年のATACは久々に12月第1週の金土日。
Droplet Projectは、今回も全日参加します。

まずは初日の5日(金)。
この日は1日通してのセッションです。
「特別支援学校や福祉施設・家庭で役立つアルテク50選 -魔法プロジェクトのお勧めiPadアプリを中心に-」
という講座。
代表が平林ルミ先生(東京大学先端科学技術研究センター特任助教)と一緒に務めさせていただきます。
平林先生は長野県出身のスーパー研究者。
一緒にやらせていただくのは初めてなので、楽しみです。

申し込み締め切りは28日なので、もう直前ですね。
もし迷ってる方は、新ネタ結構盛り込みますので、ぜひおいでください。

そしてメインカンファレンスの6日(土)。
しかも最初のセッション。
「20年前の私たちはインクルーシブ教育を考えていたか? -ベテラン教師の語りから-」
坂井 聡(香川大学)・井上 賞子(松江市立意東小学校)・青木 高光(長野県稲荷山養護学校) 
司会:中邑賢龍(東京大学)

というのに出ます。
おいおい、坂井先生、井上先生、司会中邑先生だよー。
こわいよー。
しかも
「彼らが教員になった時期は養護学校が義務化された時期にもほぼ重なります。」
って、重なってないよー。
義務化された頃は僕は小5だよー(笑)。

そして同じく6日。13:00-13:50
「ICTを活用した性に関する指導教材の開発と実践」竹内 奏子(Droplet Project)
今年のDroplet Projectは、これが最大の目玉。
本業の養護教諭としての現場感覚に溢れた実践と、AT&ICTの合体。
信州カンファでも大評判だった講座を、さらにパワーアップ。
ATACでは初めての切り口のはずなので、乞うご期待。

そして6日の最後は、15:10-16:00。
「Drop Talk 体験・実践セッション -コミュニケーションに便利なiPadアプリ体験・実践セッション-」青木高光(長野県稲荷山養護学校)
DropTalkが登場した時は、ポスターセッションと、休憩所での勝手デモだったことを思えば、事務局名指しでこんなセッションを用意してもらえるんだから、本当にありがたいことです。
昨年も好評だった(と思う)講座だったので、時間も30分から50分に拡大!
DropTalk HDについて、じっくりゆっくり丁寧に解説します!

というわけで、途中まで書いただけでこのボリューム!
今回もちょっとしたお土産を考えているので、会場で会ったらぜひお声をかけてくださいね。

お知らせ:iOS8でのDropTalk HDの不具合について(追記:12月8日)

12月8日追記
5日に2.1.2が公開され、今回の問題は修正されています。
不具合が起きていた方は、アップデートをお願いいたします。
ご不便をおかけいたしました。
今後ともよろしくお願いします。

IMG_0431iOS8でDropTalk HDを使用すると

・横キャンバスで「文章モード」にした場合に、キャンバスの表示が消える。
・その後「単語モード」にしても、キャンバスの表示が元に戻らない。

という不具合が発生する場合があります。
現在修正版を作成、Appleへの申請準備を進めております。
ご不便をおかけしておりますが、しばらくお待ち下さい。

当面の対処としては
・ホームボタンの2度押しで、起動しているアプリを表示
・DropTalk HDを終了させる。
・縦画面の状態でDroptalk HDを再度起動する。
という方法で表示を復帰させることができます。
よろしくお願いいたします。

7/19 マジカル・トイ・ボックス

uras伝統あるマジカル・トイ・ボックスのセミナー講師に招いていただきました。
すでに長野からはbo-ya氏、Yajic師と主犯格の方々が講演している場に足を運ぶのはプレッシャー。
でしたが、有料のセミナー、失敗するわけにはいかないので、メインネタ出し切りでやらせてもらえました。
幸い高評価をいただけたような。
何故か来ていたうらさんに手伝ってもらって午後の展示も無事終了。

うらさん、DropTalk HDの説明僕より上手いぞ…。

第1回「アイカツ」レポ その4(完)

IMG_2477というわけで、色々な方のご協力があり、無事に第1回が終了しました。

定例3年目となった「アイカツ」ですが、これまでにない発見もあり、喜びもあり。

私としては、いつまでも同じ所に留まらない、ということの大切さをなんとなく感じた第1回でした。

次回は8月23日となっています。内容は・・・乞うご期待!(笑)主催である「いとぐるまの会」のHPにも告知されると思いますので、そちらも要チェックです。興味のある方はぜひどうぞ!

以上、第1回「アイカツ」レポでした!

第1回「アイカツ」レポ その3

IMG_2472事例発表のあと、学習したい内容別にグループ学習(と言っても2つだけ)。

代表のグループではシンボル編集機能などをじっくりと、タケウチのグループでは基本的操作方法をもう一度、といった感じ。

あ、重要なことを忘れていた!今回初めて参加されたM養護のうらさん。お客様なのに結構お手伝いしていただいちゃいました(笑)。ロールプレイに参加してもらったり、グループ別学習では講師になったりと、かなり助けていただき感謝感謝です。(御礼に顔出しOKな写真を、と思ったんですが、力不足で良い写真が無く・・・。すみません)

少人数ならではの良さで、全体講義ではなかなかフォローできない個々の要望にも、ちょっとお応えできたのではないかと思います。

« 前ページへ次ページへ »