DropTalk4は、意外な可能性を秘めていた(お前がリクエストした機能だろって)

DropTalk4、リリースされております。
そのあまりといえばあまりにもな、超多機能化、高性能化については、どうぞ本家サイトを御覧ください。
信州カンファでも代表自ら何度かデモをさせていただきます。

で、最近一部で話題(にしている)のが、ログ機能。
元々代表が開発に関わってきたVOCAにはほとんどこの「使用記録保存機能」はついてます。
それは、学生の頃に関わったハードウェアでも、HyperCardで開発されたPICOTでも変わりません。
DropTalkは、当初はログ機能はつけていただけなかったのですが、前の3からログ機能がついています。
しかも使用記録をテキストで確認するだけでなく、使用シンボルの時系列表示や、グラフ化機能まで備えています。

これだけログ機能が充実すると、これはDropTalkが「行動観察ツール」としても使える、ということです。
応用行動分析におけるABC分析のための基礎データとして、行動記録は大変重要です。
そのための簡単な手法をみなさんいろいろ工夫してきました。
スマホやタブレットでそれをやる、というのはごくごく普通の発想で、代表もいろいろ試行してきました。
ですが、なかなかこれ、というアプリや方法がなかった、というのが事実です。
が、いつのまにか、DropTalkがそのための(現時点で)最適なツールになっていた、というオチです。
もちろん代表も使ってますし、某所で紹介したら、いろいろな方が活用を始めてくれています。

詳細は信州カンファで。
まあ、図を見れば一目瞭然ですけどね。

この記録画面は架空のケースです

今日から2017年ということで

どうでしょう?
ダメ?

さすがに5ヶ月も放置したのは初めてな気がします、代表です。
諸々言い訳はありますが、このままではまずいので、心機一転ブログ再開します。

本当はちゃんとレポを再開したいんだけど、さすがに去年の夏のレポの続きは…。
でも、1枚だけ、長崎で中邑賢龍先生と一緒にやらせていただいた研修の写真。
と、打ち上げの写真。みなさん本当に親切で暖かい人ばかりで、
なんか申し訳ないくらいに歓待していただきました。
ああ、もう一度行きたい…。

と思ったら、なんとまた行けることになりました。
6月。再びY女史のはからいで佐賀県に伺う予定です。