信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#5

さあ、みなさんお待ちかね!
堀内先生の講座の勢いそのままに(人はちょっと減ったが)、
信州カンファ専属デザイナー、時々ドロップスで小銭を稼ぐ、竹内画伯による
「保護者と一緒に取り組むダイエット」
の始まり始まり。

デザイナー以前に実は養護教諭でもある竹内画伯が、過去2年間に渡って取り組んできた、
肥満対応事例の丁寧な解説。
いろいろポイントはあれど、とにかく結果的に対象生が2年間で約20kg減量し、
今に至るもリバウンドはないという事実。
この圧倒的成果が、観客に与えた驚きは結構なものでした。

一番頑張った保護者さんの
「ダイエットメニューも美味しくないと長続きしない」
という言葉は、ちょっと協力させてもらった代表にもじんわり沁みました。

信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#4


「教えて偉い人」の裏講座には、まだまだ偉くない駆け出しの青年たち(?と言うにはちょっと年齢がいっているか)による「小中学校の荒波の中で」の講座が。

特別支援学校から小中学校へ異動し、様々な違いに直面している3人。それぞれがそれぞれの方法で、転覆しないように頑張っているよう。

もし、この講座に続きがあるのだとしたら、今回はそれほど多くは語られなかった「荒波をどう乗り越えたか」や「荒波をしのぐ術」、「荒波を小波に変える方法」などなどを聞きたい。それぞれの取り組みの詳細が、今後荒波に乗り出す後輩たちの指針になるのでは。

奇しくも、Oh!太さんが自身のブログで、発表後の振り返りを以下の様に書いている。今後の取り組みに期待。

以下、引用。

−杉浦社長も書いているように、多くの支援を要する子どもたちにとっては、さざ波どころか、命を奪われる大波」なのかもしれない。そのことを忘れ、この環境に慣れて自分も荒波になる、ということがないよう、そんな子どもたちと波を乗り越えていく方法を考えていきたい。楽しく。−