信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#16

いやー、このまま冬眠に入っちゃうんじゃないかと思いました。やっとレポ再開ですよ。とはいえ、予定では残り2本です。

2日目の教材くらふとワークの裏では、代表による「再考:障害観とメディアー人間性とテクノロジーの交差点ー」のセッションがありました。

コアなファンがいるSF講座の時間。何回聴いても面白いし、知識の量に圧倒されます。過去のSF作家達が持っていた世界観と今の世の中。違う部分もあるけれど、実現されていることも多い。自分自身も世界の一歩先の姿を想像しながら生きていくことが必要なのかもなあ、と感じました。

で、盛り沢山な内容に、結局今回も最後まで辿り着かずに終了ー。いつか続きが最後まで聴けるのか…?来年もこのセッションはあるのか⁈乞うご期待!

余談ですが。後日、代表が「みんなあんな話を聴いて面白いのかねえ?」と自信なさげに言っていたので、「一つのことを突き詰めた人の圧倒的な知識って、その意味かわからなくても、それを披露されるだけで周囲は感心するし、聴いていて面白いものです。さかなクンの話が面白いのと一緒ですよ。」とフォローしました。比較対象がさかなクン。まあ、いいか。

とか言ってたらこの日、魔法のプロジェクトセミナーで中邑賢龍先生が「大人も、これに関しては絶対に子どもに負けないというものを一つでも持っていることが大事。」と言ったのに対して、代表が「なるほど、さかなクンみたいな。」っていう切り返しをしていて面白かったです。

さらに余談。このSF講座を書籍化しないかという話もあるとか⁈乞うご期待!