信州特別支援教育カンファレンス2019 夜明け前 その2

信州カンファ最終回を記念して、特別公開!第10回のメインデザイン案の全て!

第9回「何つくる?」のフライパンからの連想。フライパンで作ったのはオムレツ?オムライス?

数え歌だったらこれしかない「煙突とお月様」。煙の具合が気に入っている。

「煙突とお月様」の変化バージョン。イギリスではない、日本の工業地帯のイメージ。

第1回がキリンだったので、初心に戻ったキリンで。「煙突とお月様」もそうですが、夜を青以外の色で表現したかったので、あえて緑っぽい配色。

総合的に見て、どうしても好みのせいで、シアンを消費するデザインが多くてご迷惑をおかけしました。まあ、実行委員の面々を見ればどうしたって「元気いっぱい!」みたいなデザインにはなり得ないので、この色合いになることも仕方ないと思っていただきたい。

信州特別支援教育カンファレンス2019 夜明け前

どうもー、の後に何かつけなくちゃいけないのかと怯えるタケウチです。ご無沙汰しております。

年にわずかしか更新されないドロプロブログの更新時期がやってまいりました。最後となる、第10回目の信州特別支援教育カンファレンスが終わりました。実行委員の各ブログでもレポが始まったので、そろそろドロプロも参戦します。

昨年のレポはなんと12月まで引っ張っちゃったので、なんとか夏休み中に終えたいですが、どこまでできるか。頑張ります。

まずは、少し前に遡ります。

時代が平成から令和となった初日、上田の公民館に集まる実行委員。今回の信州カンファ最初で最後の打ち合わせは、なんともまったりとした良い時間でした。地域の公民館で、お茶を飲み、寿司を食べ、やいのやいのと話し合うこと数時間。不思議な空間で、不思議な時間を過ごし、最後のカンファにふさわしい思い出になりました。

私もメインデザインの案を持参。あれこれ言われつつ選んでいただき、無事にメインデザインが決定。いくつかある中でも比較的早い段階で思い浮かび、一押しのデザインだったので、採用されて満足です。

さて、この打ち合わせ以降は全てメールでのやりとりとなり、前日を迎えます。よくこれだけであの大きな会ができるよなあと思いますが(まあ、一部の方に負担がたくさんいっているのですが)、今回もできちゃったからなあ。すごい。