信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#19

ドロプロは「ドロップトーク5」の使い方講習を。

あ、大久保くんは今はドロプロの正式メンバーじゃないのでご注意を。

前半は大久保による初級編、後半は代表による上級編でした。

後半はすごい人数!

前半と後半でお客さんの数が全然違ってビックリ。上級編はリンク機能を中心とした講習でしたが、いつも思うのは、参加される方達のアイディアの違いが出て面白いなあってこと。この感じを忘れずに、現場で楽しく使ってくれるといいな。

なんと、親子で特別支援学校教員ですって。親子参加、すごい!

信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#18

信州カンファレポ、ようやく二日目に突入!

犬って言っちゃダメ

インフォメーションに前日のネタを入れて笑いを取る本田さん。さすが。乙女手芸部では遠慮して「国家の◯◯」って隠してたのに、完全に書かれているし。

カラフルな傘、かわいい

すっかり定着した教材くらふとワーク。食堂の飾り付けは、毎回どうなるのかとワクワクしながらお手伝い。今回は傘と雫。なんてドロプロチック!

子どものように遊ぶ

それぞれのブースが、それぞれ本当に楽しそうでした。

真剣!

老いも若きも?

将来が楽しみ!

何かを「作る」ことって、とても楽しいことなんだろうなあ。

サービスショット!

雀卓のある研修会場ってここだけかもしれませんね。

カタギの人ではないような…(失礼)

本田さんのいない時も、ルールを理解した方々が勝手に面雀をやっていました。そしてなんかすごいメンツ。

信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#17

実行委員長いなかったけど


夜は懇親会。実行委員長不在のまま開始。

乾杯は、代表が「信州カンファ立ち上げメンバーで」というご指名の粋な計らい。

余興は「朝までそれ正解!」を参加者にもやっていただく、というもの。懇親会直前に記入してもらい、提出されたものをすぐに集計して、余興の時間までにスライドを作って面白く発表するっていうすごい作業。を、本田、矢島が全てやってくれました。「た」で始まるかわいいものは?の一位に輝いたのは、なんと「たかみつ」!うーん、参加されている皆さんもなかなか面白い回答をするなあ。

飲んで食べる

長年お世話になっている方々ともお話でき、とても良い時間でした。

最後は、これで本当に最後、の万歳で終了。

人生でこれきりにしたい万歳の音頭取り

 

信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#16

太田さん、「ハンダづけ」が思い浮かばず。

1日目の最後は大喜利枠で「激論!朝までそれ正解!」。

元ネタを知っている方がどの程度いたかわからず、面白かったのかどうか謎。

ちょっとしか予習しておらず、自分が出題側の時には「パッと答えを思いつくのが難しそうだなあ」くらいにしか思ってなかったけど、舞台に上がったら本当に浮かばなくて焦りました。

自信満々に出した「未満児」に、イマイチな反応の会場

私は、

「み」で始まるドロップスの新しいシンボル

というお題を出しましたが。「みみそうじ」「見守る」「ミサイル」「未満児」という答えが出て、最終的に正解は…何になったんだっけ?「見守る」だったか?私の中の答えが何だったかは、当日会場にいた方達だけの秘密。

面白かったのか、面白くなかったのか、よくわからないけれど時間が来たので終了。1日目は無事に終わりました。