信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#22(最終)

さようなら

本当は代表のSF話もレポしたいところなんですが、ちょっともったいぶってこれは後にとっておこうと思います。年明けにご期待ください。

というわけで、本当に終わっちゃったんだな信州カンファ。

最後は実行委員全員で登壇しましたが、自分が何をしゃべったかとか、他の実行委員が何をしゃべったのかとか、全く覚えていない。ふわふわした感じでした。

これが終わっちゃうと、毎年の夏のイベントがなくなっちゃって、来年はすごくつまらない夏休みになるんじゃないだろうか。

委員長が引用した「一丸となってバラバラに生きる」は、信州カンファメンバーにはとてもしっくりくる言葉。バラバラに生きていても、自分の方向がこれで良いのか確認したい時があり、信州カンファは私にとってそれを確認する機会だったのかもなあと思います。

終わっちゃった寂しさはいつまでも。でも、また何かあるかもという期待も持ちつつ。信州カンファレポ、これにて終了!

信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#21

忘れてはいけない「一夜限りの復活!E-Yo!視覚支援club」。

みんな若かったね

久しぶりの3人。お子様達も交えての新たな「パプリカ」も良かったですが、懐かしのスライドをたくさん見せていただいて満足。

会場からのリクエストに応えて、過去のスライドを公開。これはヨットマンの希望だったかな?

津軽海峡冬景色のDropsヴァージョンは、ATACでの忘れられない思い出です。それまで描いてこなかったドロ太の後ろ姿を先に公開されてしまい、なんとも不思議な気持ちでした。以降も私は後ろ姿は描いていないことから、どんだけすごいことをしたのかがわかりますね。

懐かしく、楽しい時間でした。

信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#20

まずい!今年もやっぱりレポが終わらないままここまで来てしまった!

今年が終わらないうちに残りのレポをアップしますが、みんなもう忘れちゃったよねー。えーと、信州カンファ2日目の途中でしたよね。私があとお伝えできるのは、代表のSF話と、久しぶりの復活だったE-Yo!視覚支援Clubの話か。それから、信州カンファ10年展。

まずは10年展から。こちらは手を抜いて(失礼)写真で振り返っておきましょう。

10年間分のチラシ

幻の(?)第1回目のチラシ。私はバナナのが可愛くて好きだった

メインデザインも解説をつけて展示していただきました

抄録は最後の方で小型化。いい案だったな

付録の数々。色々作ったなあ。楽しかった

個人的に思い入れのある格付けチェック。楽しかった

こういう謎な展示があるのが信州カンファですね

これもね(笑)

見事なTシャツの展示。これには脱帽。

これがまた素晴らしかった!

正直これだけ色々と展示するのは事前の準備と前日準備がかなり大変だったことかと思います。谷部長をはじめとする乙女手芸部の皆様、ありがとうございました。

本田さんが楽しそうで嬉しい

実行委員長の顔はめパネルは実行委員にも大好評で、準備で忙しい中、一人ずつ顔を出して撮影会。(必死で準備する乙女手芸部からは冷たい目で見られていたことだろう・・・。)

あれ、このパネルって今どこにあるんだっけ?

Merry Christmas!

信州カンファレポが終わっていないまま、今年も残りわずかとなりました。

皆様、良いお年をお迎えください。