信州特別支援教育カンファレンス2019 おまけレポ

今年3回目のブログ更新です。

先日、信州カンファ実行委員でもある原先生の「しましま日記」をチェックしたら、かなりの頻度で更新されていてビックリ。反省して、今年はもうちょっとドロプロブログも更新できるように頑張りたいと思った次第。

というわけで、信州カンファレポのおまけです。

2日目、代表による「最終講義:障害観とフィクション〜意識や人間性は必要か?〜」。数年前から始まり、一部の聴衆から好評を得ていたSF談義。いつも時間が足りずに最後まで行き着けなかったのですが、最後の信州カンファでようやく最後まで行き着きました!・・・良かった。

真面目な話じゃないってまずは宣言。

内容をざっくりと言いますと、

世界三大SF作家の作品を軸に、様々なSF作品を介してSFがいかに現実社会の「未来の世界観」を変えたか、日本のサブカルチャーにどのように影響を与え、さらに世界にどう影響を与えたのか、SFがどのように障害者や支援機器を描いてきたのか等から、現代における障害観について考察する、って感じでしょうか。

正直、時間の割に情報量が多くて、普段接していないような慣れない情報だったりカタカナが多かったり(笑)で、自分で思考しながら聴いていると話に追いつかないというか、取り残されてしまう。なので、聴き入って終わってしまい、後で振り返って説明しようとしても「えーっと・・・」と言葉にできない。でも、色々と考えたくなる話なんです。

最終回にしてようやく終着点にたどり着き、ホッと一安心。ああ、これも信州カンファが終わっちゃうからこれで聴き納めかー、と思っていたら。

奇特な方が県外でこのお話をしてくれないかとご依頼してくださり、なんと先日実現しました!

怪談話?な会場。でも、これも良かった。

佐賀まで行って、畳敷きの和室、アロマランプのラベンダーの香りが漂う暗闇の中、2時間の講演でした。

信州カンファとは違った場だったので、聴衆の雰囲気に合わせてフレンドリーに、さらに丁寧な説明でわかりやすく話していただき、聴衆はより理解が深まった感じ。みなさん色々と思うところがあったようで、「こわーい!」とか「へええ!」とか「面白ーい!」とか言いながらの楽しい時間でした。

そして・・・、なんとこのSF談義が本当に書籍になるみたいですよ!実現するといいなあ!