信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#11

本田、竹内がハケたところで、第3戦は学習教材対決。若かりし頃は(失礼)アセスメントの貴公子(あれ?王子だっけ?)と呼ばれた(大変失礼)原さんですが、常日頃の教材作りは丁寧かつ子どもの実態に合ったもので定評があります。鉄人原に、ものづくり大好き、かつkawaiiというこだわりを持って作る乙女手芸部の谷部長が挑戦。

フレンチの原

真剣に教材の材料を選ぶ。私のパソコンの下にあったホワイトボード(たぶん)を、谷さんが持って行ったのは覚えている。

…と、事細かに説明をしたいところなのですが、私は絵を描くのに精一杯。お題も、両者が何を作ったのかも察知できず。たまに聞こえる実況も右から左。とにかく、挑戦者谷さんが勝利したことだけを見届けました。

真剣に作る…というか、作っていたらしい。当然か。

とにかく、自分は時間内に描き上げなくてはと必死。

原VS谷の戦い中も真剣にシンボル作成。

About takeuchi

コメントする

コメントをお寄せください。書き込んだ内容は、ブログ管理者が確認してから表示されます。