信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#12

学習教材対決が終わり、さあ、シンボル対決の決着の時!

とりあえず時間内に描けたのでそれだけで良し、と思いつつ先に私から公開。悩んだ結果、下書きをほぼ無視した仕上がりに。適度な量を取ったドロ子ちゃんと、取り過ぎちゃったドロ太を対比させる構図にしました。む、むずかしかった…。

説明的な絵になっちゃったな

対する本田さんは、見事な仕上がり!何よりドロ太の表情がなんとも言えない!(元々は私の絵なはずなのに…)ちょっと唐揚げがう◯こみたいだったけど、いやあこれは負けた!と思いました。

困っているドロ太がかわいい!

本田さんは私の絵について「ビュッフェの料理が入ってる大きな皿とか、そういうのを描くのは画力も時間もないので放棄しちゃったけど、そこまで描いてあったような。」と書いてますが、それは記憶違い。私もそこまで描けてませんでした。

というわけで、勝者は挑戦者本田!最後は握手をして終わりました。ハラハラドキドキでしたが、なんだかんだ言って楽しかったです。

ええと、実は「視覚シンボルで楽々コミュニケーション2」を出版するために、シンボルを大量生産する時期があったんですが、大量に描いたら力尽きてしまい、出版以降ほとんどシンボルを描いてなかったんですよね。なんか久しぶりにシンボルを描くとなったら、ドロ太の目の位置とか口の位置とかのバランスが取りづらく…。定期的に描かないとダメだな、と反省。

About takeuchi

コメント

“信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#12” に2件のコメント
  1. hisa より:

    お二人の実際に書いている姿を見れ、ファンとしては、感激でした。

  2. takeuchi より:

    hisaさん、ありがとうございます。
    できることなら、私も本田さんの描く様子をじっくり見たかったー

コメントする

コメントをお寄せください。書き込んだ内容は、ブログ管理者が確認してから表示されます。