信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#15

「あきらめる、を肯定的に捉え直す」という一言に尽きる

この日のリブロホールでトリを飾ったのは、杉浦社長の「あきらめの特別支援教育–信州カンファのおすそわけ」。

「あきらめ」という表現で誤解されそうだけれど、内容は一貫して今まで杉浦社長が主張してきた事。もし、表現を不快に思った方がいたのなら、表面的なものに惑わされず、さらに深く考えていただきたい。

例としては浅すぎて適切ではないかもしれませんが…。私は「子どもたちに響くような性教育の授業をしなくちゃいけない」みたいな思いにとらわれてきましたが、自分で良い授業をすることはあきらめました。で、「わたしのおんなの子ノート」を作った訳です。授業は誰かにやってもらえばいい。自分にできる範囲のことで性教育や特別支援教育に関わっていけばいいのだと気づいたら、大変楽になりました。

「あきらめない」「頑張れば夢は叶う」みたいな、一見ポジティブな言葉の裏にある罪深さ。続け続けてやめられなくなっちゃってる24時間テレビの苦しさなんかは、共感できる人も多いのではないでしょうか。でも、「やめてもいい」んですよね。あきらめて、今を肯定して、そこからできることを考える。

信州カンファが終わることも、一つの体現ではないかと感じた次第。なんか違うと思い始めたら「やめてもいいんだよ」と。水のように変化しながらたどり着いた先、いや、先ではなくて変化しているその最中に「あきらめる」もあるのかな。

 

About takeuchi

コメントする

コメントをお寄せください。書き込んだ内容は、ブログ管理者が確認してから表示されます。