信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#10

神谷先生の裏では、まだまだ偉くない青年であるOh!-田先生のセッションが。

「学校を楽しもう〜小学校特別支援学級の実践〜」と、荒波に続いて現任校のお子さんとの関わりを発表されました。

顔黒くなっちゃった、ごめん

何と言っても良いのは、Oh!-田先生の雰囲気。しゃべるだけで周囲の雰囲気がほわーんとします。面白くない事言ってしーんとした時も、「面白くなかったですねー」と言っただけでほんわかした笑いに変わってしまうのは、本当に特な持ち味だなあと思います。(意図してやってたらごめんなさい)

そのせいなのか、会場も満員御礼状態でした。

会場が一斉にカメラを構える注目度の高さ

Oh!-田先生は、すごーい事をババーンと発表する訳ではなく、淡々と子どもとの生活を発表しました。困ったこともあるけれど、「こんな楽しいこと」「こんな面白いこと」を子どもと一緒に見つけて、本当に楽しそうな学校生活。特別支援学校を離れて荒波の中なのかもしれませんが、支援の根本にあるものは全く変わらないんだなー。さすが。

最後に畠山先生とのエピソードが(涙)。畠山先生、ちゃんと後進は育っていますよ(たぶん)

学校が楽しい場所になるといいな。いや、Oh!-田先生となら楽しい学校になるかもな、と思える発表でした。

About takeuchi