信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#06

愛情たっぷりのバランス弁当。自ら食事の写真を撮るようになった保護者の方に拍手です。

30分だけの短い時間ですが、タケウチと代表も「保護者と一緒に取り組むダイエット〜その後〜」という発表をさせていただきました。お客さんはそれほど多くありませんでしたが、昨年の発表の良い経過報告ができてよかったと思っています。

数年に渡り関わっているケースですが、失敗しがちなダイエットの稀有な成功例。成功の一番の要因は保護者の方の並々ならぬ努力と思っていますが、関係者が分担して取り組むことや、「面倒だけど難しくない」を合言葉に、というポイントもお伝えしました。

教員が関わるのはそのお子さんの数年間のみ。短期間しか関わらない学校関係者には1回のダイエットの失敗でも、それが続けば保護者の方には失敗の積み重ねになってしまいます。失敗が続けば、保護者の方の自己肯定感も下がってしまいます。本人だけでなく、保護者の方の自己肯定感を高める支援がとっても大切、と強く感じています。

これだけ成功したダイエットも少ないので、どっかでこれをまとめた本を出版してくれないかしら、とか思っちゃう。

信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#05

「記録係なんですか?」と若者に聞かれたのはいつのことでしょう。

そう、一応記録係なんです。最近あまり使える写真も撮れてないですが。

そんなわけで、どの講座も完全に一本見るのが難しく、写真をとっては移動して、たまにちょっとだけ長居するような感じ。ああ、どれもぶっ通しでちゃんと聴きたいなあ。

社長の話はいつも面白いし、示唆に富んでいる

原さんの視線入力の話。原さんはリブロでも移行支援の話が。引き出しが色々です。

谷さんの作業製品開発。出だしだけで面白くて、ずっといたくなってしまった。

いわゆる「荒波2」。社長も自身のブログで言っていたが、荒波を乗りこなしていると思われる。「無言清掃、私もやらせてました」と、会場の参加者の方からも…

赤塚先生の高校の通級指導教室の話。これからどうなっていくのでせう。

どこもまんべんなく人が入っていて(リブロホールの写真はうまく撮れてなくて載せられず。すみません、矢島さん…)、一安心。

信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#04

今回出店してくださった各ブース。

スペース96 お世話になっております。私も性教育の本購入しましたー

海猫屋 「板倉聖宜の考え方」という本が売れたみたい。社長効果。

ソレイユ 信州カンファセットは実行委員の山浦さんも購入したらしい。数量限定なのにね。

ありがとうございました!

信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#03

インフォメーションでは、出店していただいているソレイユさんが飛び入りで宣伝。

「信州カンファセット」なる詰め合わせも作ってきてくださいました。

「こんなの作ってくださったんですよ〜!すごくないですか?!」と、その感動をキラキラと伝えてくださる谷さんが子犬のようで可愛かったのでパチリ。(お顔全公開は勿体ないのでカットさせていただきました)

信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#02

カンファ1日目、開始前に会場準備や機器チェックをするのですが、この時の矢島さん。

「教材の鉄人」の自己リハーサルに余念がない。手元のスライドを見ながら台詞や立ち位置を確認。自分の発表だってあるのに、大喜利コーナーの方が重要なのか…。

準備万端、時間になり、いつも通り出だしは矢島さんのオープニングムービー。

オープニングムービーは実行委員の自己満足的な雰囲気もありますが、これを見るだけで信州カンファが他の研修会と違うということが感じられるかと思います。生で見たい方は、ぜひ来年のカンファにお越しください。

 

 

 

 

 

オープニングムービーの後は委員長の挨拶。いつもの「えー」からスタート。「みなさん、間違えてここへ来てませんか?大丈夫ですか?」という問いかけに、苦笑い。

そして、これまたいつも楽しみな本田さんのインフォメーション。信州カンファの台所事情がわかるグラフが出たり、付録てぬぐいの説明があったりと、ここで必ず一笑い。

物販紹介でドロプロ付箋をディスったことは一生忘れません。

信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#17(最終)

レポが完結しないまま10月ですよ。
タイミングを完全に逸したレポ最終。

「さようなら」のスライドと共に、実行委員長を退陣する杉浦社長。
後を引き継ぐ、bo-ya新実行委員長に、文字どおりタッチ。
有終の美。

なんとも感動的な場面

というのはもちろん嘘で、
来年も杉浦社長を実行委員長に、
信州カンファ・セミファイナル、みなさんのお越しをお待ちしています。
じゃあまた来年!

信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#16

2日目、1日を通して食堂で行われていた「教材くらふとわーく」は、実技講習といいましょうか、ものづくり講習といいましょうか、体験学習といいましょうか。

教材になりそうなものづくりや、DropTalk体験、さらにタクティールケアやヨガまで多種多様。それだけ聞くとごった煮のような状況ですが、乙女手芸部が設営する会場が統一感を持っていて素敵でした。

今回は風船まで飛ばしちゃって、こんなことまでやっちゃうんだなあと感心。

面白い空間、楽しい時間。未体験の方はぜひ生で体験を。

この雰囲気は言葉では語り尽くせない。写真でどうぞ!

風船が飛ぶ会場

大久保君、パンツ見えてるけどね

乙女手芸部の飾り付け

会場はこんな感じに

キレイー

こんな風に使ってました

楽しそうなものづくり

ヨガも!

パンやお菓子の販売もありました

T城女史も活躍

ありがとさんの素敵な講座

コーヒーも

普通に参加の大久保君

ふろくのタブレットケースをVOCAに。女子率高っ!

DropTalk体験も盛況でした

信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#15

なるほどねー、リブロで「観る」側はそんな風に感じる訳ですね(前記事写真キャプション参照)。

今年は代表、珍しくリブロでの発表が多く、
正直観客との距離が遠いほどやりにくさを感じるタイプとしては、なかなか困ることもありました。
集客という意味ではリブロは大事な場所なので、場所の特徴を生かしたセッションが大事かも、ですね。
そういう意味ではパネルディスカッションは、リブロにぴったし。

今回の「高校入試と合理的配慮」は、自分が企画者だったので、
自情障学級巡回相談でバリバリ活躍中のお二人に登壇してもらえたこと、
社長が全国的な立場になったこと、などの効果もあり、なかなか好企画になったのでは、と自画自賛。
フロアから大事なコメントもいただきましたし、
次の動きを仕掛けていく場としてのカンファという、意味では成功だったと思ってます。

8月末にはこのような記事が
学習障害、配慮で地域差 ルビ振り、時間延長…統一基準なく 公立高入試、悩む現場

まずは企画意図を説明させていただきました。

三井先生から具体的な支援のお話

信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#14

さあ、元気よくいきましょう!やっと2日目です!

2日目は食堂での「教材くらふとわーく」という実技講習と、リブロでのセッションがメイン。他にも教材展示や使える文房具紹介、作業製品紹介等のお部屋がありました。

リブロでの1本目は「DropTalk 驚異の新機能 ーやりすぎ VOCA アプリー」。代表が新しくなったDropTalkの機能紹介をしました。

前日に言ったとき代表は「?」でしたが、リブロはスライドをくっきり見せるためにステージの照明を消すと、発表者の顔が見えなくなるんですよ。そうすると会場の方から顔が見えなくて、会場とのコミュニケーションを取るときに反応が悪くなるということが絶対にある、と毎回見ている私は思っているのですが…なかなか理解していただけないようでして。いや、写真撮るにも困るんですよ、これは…(以下省略)

いろいろできるようになって、VOCA以外にも使える機能がたくさんになったDropTalk。こんなこともできるといい、あんなこともできるといい、という要望がたくさん詰まったアプリになりました。ちょっと工夫すれば、様々な使い方ができます。要は使い方次第。

ただ、単機能のアプリではなくなったため、VOCAとしてだけ使いたい人にはちょっと不自由な面もあるかもしれません。

盛りだくさんになったがための使いやすさ、使いにくさ、たくさんのご意見があると思います。

もちろん、発案している私たちにもたくさんの意見がありました。いや、あります。

色々あるのですが、ともかく。

DropTalkは特別支援教育で役立つアプリであることは間違いないと思っています。特別支援業界で多くの方に受け入れられているコミュニケーションシンボルDropsとともに、DropTalkがたくさんの特別支援教育の現場で使われますように。一人でも多くの子ども達の役にたちますように。

久しぶりの大久保とのからみ。元ドロプロメンバー。

信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#13

夏休み中にかっちりレポを終われなかった、うらさんとかVOCA王子とかと同様、
9月中旬に入ってもまだレポ完了しない、ドロプロの信州カンファレポ。
困ったもんですね。

情報戦略担当より挨拶

さて、1日目が終了し、夜はお待ちかねの懇親会。
かつては様々な伝説が生まれた信州カンファ懇親会も、さすがにここしばらくは落ち着いたもんで。
昨年同様の立食形式と、いつもの矢島・本田の見事な仕切りのアトラクションで楽しく終えました。

青木、竹内の答えのシンクロ率が話題になった「実行委員8人に聞きました」。そりゃあ、委員長を動物に例えると「バク」でしょう。常考。

あっさりしたレポですみません。個人的には懇親会そのものより、
終了後にカバンまでお揃いであることがわかった、
矢島&本田の怪しい関係の方が、面白かったもんで。

これで「お揃いじゃない」って言い張られてもなあ…。

次ページへ »