「視覚シンボルで楽々コミュニケーション 障害者の暮らしに役立つシンボル2 new1000」予約開始!

どうも、タケウチです。

私たちDroplet Projectが開発した、視覚シンボル「Drops」。

おかげさまでたくさんの方々に使っていただき、全国津々浦々で見られるようになりました。

1000語を収録した「視覚シンボルで楽々コミュニケーション 障害者の暮らしに役立つシンボル1000」という本を出させていただいたのが…ウン年前。

そして…。その後数年かけてちょっとずつ描き貯めた700語と、新たに300語をプラスして「視覚シンボルで楽々コミュニケーション 障害者の暮らしに役立つシンボル2 new1000」という、第2弾の本を出させていただけることとなりました!

わー!すごい!嬉しい!

ここ数年「第2弾は?」「出せたらいいですねー」「出したいと思っています!」というやりとりが続いていましたが、ようやく!(笑)

初期衝動というものが続かないのは世の常。「モチベーションが保てなくなりました」といって引退する人も数知れず。そんな中、なんとか第2弾の出版が現実的になりました。あー、よかった!

12月1日に発売予定ですが、スペース96さんで予約を開始しています!なんと、先着1000名様には「声の大きさ」クリアファイルの特典付き!無料ダウンロードの700語以外にも、今回の本限定の300語や、前作同様各種おまけデータ付きの素敵な構成になっています。これまた前作同様、表紙や裏表紙のデザインにもこだわりました。

ぜひぜひ、ご予約の上お買い上げください!

素敵なアナログ支援グッズ登場(とっくに出てる)

紹介が遅くなって、本当にごめんなさい。

君は「きもちぺったんボード」を知っているか!(突然)

知らない人は、とにかくリンク先をごらんあれ。

この製品のきっかけは、昨年の7月に長野で行われた日本自閉症協会全国大会
運営のみなさんのはからいで、ドロプロも久々に展示なんぞさせていただきました。
そこには「はーにゃ」さんも「ぺったんボード」などの展示にいらしていました。
その場で
代表「ぺったんボードいいですよねー」
は様「ドロップスのも欲しいって声があります」
代表「じゃあ」
は様「作ります」
記憶は怪しいけど、おおよそこの程度の相談で商品化契約終了。

そしてめでたくこの素敵な製品に。
DropTalkとかで、すっかりアプリ系の団体と思われがちですが、
アナログ手段の大事さは、誰よりも認識しているつもり。
きもちぺったんボード、本当にオススメです。

DropTalk 3 正式リリース

ついにこの日が来ました。
新しい、本当に新しいDropTalkの登場です。

リンク先をお読みいただければわかる通り、今回は「DropTalk」のみ先行リリースですが、追ってHDもFreeもアップデートされます。

今後はなんと、Android版とWindows版が控えています。

そういう意味では、
以前、パブリックベータ開始時に
「ある意味開発と活用拡大の中心はHMDTさんに移行したと思っていただいて良いかと思います」
と書いた通り、Droplet Projectという小さな組織から、羽ばたいていった感があります。

7年目にしての大飛躍。
みなさんどうぞアップデータとダウンロードをよろしく。
夏には多くの研修会講師仕事が控えている代表も、できる限り伝道に努めたいと思っています。

追記:7月19日
本日DropTalk HDとDropTalk Freeもそれぞれ最新ヴァージョンとなりました。
3種類のDropTalkのどれを購入すれば良いかは
HMDTさんのこちらのページをご一読ください。

header

ドロップスが第10回キッズデザイン賞を受賞しました

本日、7月8日に発表になりました。
ドロップスが第10回キッズデザイン賞を受賞しました。

内閣府認証NPO キッズデザイン協議会が主催するこの賞は、これまでにも数々の素晴らしい製品が受賞してきました。
今回ドロップスが受賞できたのは、これまで応援してくださったみなさん、活用を広げてくださったみなさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

正式な発表は後日させていただくとして、ひとまずご報告でした。
名称未設定

告知:ICTを活用した教育を行うテクノロジースペシャリスト養成講座(2016年7月31日)

GWも終わり、ここから7月まで休みなし。
夏まで一気に仕事、仕事、間断無い実践の日々が続くわけです。

夏の講義や研修会の仕事が決まって来ています。
最初に正式な告知が出たのは、
「ICTを活用した教育を行うテクノロジースペシャリスト養成講座」
というもの。
夏真っ盛り、7月31日にハイブリッド・キッズ・アカデミーで行います。

代表は、高松養護学校の近藤先生(そう、今年新たに「あの」「魔法のティーチャー」になった近藤先生です!)
と一緒に
「自閉症や知的障害のある生徒とのコミュニケーション支援」
というお題をいただいています。

先日イエロー養護の高等部職員向けに、ASDの生徒への支援の基礎の基礎というミニ研修をさせてもらいました。
自分的には、これまでずっとやってきた「視覚支援の重要性」について、少し別の切り口から話したつもりでした。
ところが、反響は全然違いました。
聴講してくれていた画伯からも「先生たちの反応が今までと違った」とのコメント。
何が違ったのか、
それが「コミュニケーション支援」のあり方そのものに関わるような気がするので、
この夏の研修で少しその辺もお話できれば、と思っています。
と、さりげなくない客引きメッセージ。

iPad Pro 9.7インチでのKeynoteの動作の軽快さは、総合的にはMacBook 12 retineを越えている。

iPad Pro 9.7インチでのKeynoteの動作の軽快さは、総合的にはMacBook 12 retineを越えている。

2016年1月14日〜16日 沖縄県特別支援学校情報教育研究会 #6

さて、DropTalkユーザーの生徒さんにご対面。
ご本人や保護者の方の許可をいただいているわけではないので、お顔や詳細な情報は出せませんが、
いやあ、感激しました。

iPod touchを車椅子に固定して、保健室に健康観察板を届けるAさん。
保健室の先生方も承知していて、ちゃんと呼びかけに応えてくれて、楽しいコミュニケーション。

先生たちの写真や、話題のネタがたっぷり入ったキャンバスを巧みに操るBさん。
「自己紹介したら?」と担任の先生が声をかけたら、
それまで使っていたキャンバスを終了させて、自己紹介用のキャンバスに自分で切り替え
「僕の名前は〜です」ときちんと教えてくれました。

日頃普通に使っている道具としてのDropTalkを見せてもらって、とっても嬉しい時間でした。
IMG_0357

ATAC2015 冬の京都 その4

アネックスに集まり、みんなで視点を共有しあうのがここ数年のATACのスタイル。
というわけで次は
「入試や就労のバリアーを解消する(DO-IT Japanの挑戦)」
 近藤 武夫(東京大学先端科学技術研究センター)・小林 春彦(DO-IT Japanスカラー)
のはずなんですが、なんとここで代表は恐怖の「ATAC講師による相談会」へ移動。
曰く
「ATAC講師による相談会を行います。日ごろ悩んでいること,疑問に思っていることなど, ゆっくりと直接相談できる時間です。」
な、なんと恐ろしい…。

その会場に向かうため、すでに大盛り上がりの企業展示、ポスター発表の中を抜けていく。
ああ、長いこと自分ではポスター発表していないけど、僕の心はいつも2007年のポスター発表に帰っていきますよ。
ドロプロたった3人でスタートした、孤立無援、誰にも注目されないポスター発表にね…。

今年のポスター発表、社長と画伯は仲良く隣同士

今年のポスター発表、社長と画伯は仲良く隣同士

ドロップトーク またまた大きな跳躍

おかげさまで、HMDT様のおかげさま。
というわけで、別に大売れしたわけでもなんでもないんですが、
純粋にHMDTさんからの出血大サービス的ヴァージョンアップです。

ドロップトーク、DropTalk HD共にヴァージョン2.2になりました。

今回の売りは音声機能の大進化。
・ボタンにiTunesから音楽を割り当てることができるようになりました
・合成音声でテキストを読み上げることができるようになりました

共に以前からぜひ実現したいと思っていた機能です。
ドロップトークシリーズを絶えず進化させ続けられる状況にあること、本当にありがたいことです。
ぜひ使ってみてください。
スクリーンショット 2015-02-25 21.14.03

見通しは大事

予告は大事。
DropTalk 2.1は、HD版に準拠したスケジュール機能を実装しています。
これ以上ないくらいシンプルで簡単なスケジュール機能だと思います。
こちらが伝えるだけでなく、子ども自身が伝えるツールとしても。

これをみなさんに届けられることが、本当に嬉しいです。
IMG_3174

ちょっとした革命

WDED何を大げさな?
いや、そんなことないぞ。
これは、ちょっと世界が変わるような衝撃。
少なくとも自分にとっては。
願わくば、あなたにとっても。

ワード DE ドロップス
ワードのアドインとして開発された、文字通り
「ドロップスをワードで使うためのアプリ」
開発者はAAC、ATの開発と実践で知らない物はいない
「お道具箱日記」の、
「和太鼓」開発者の、
jalpsjp氏ことY先生。

ワードのリボン上にドロップスが表示され、あっという間にドキュメントに組み込める、この快感。
カテゴリーでのシンボル選びはもちろん、名称検索も快適。
絵カードやボードなどの視覚支援教材作りが格段に簡単になることは間違いない。

正式な公開は4月。
その前に試用させていただく機会をいただいた。
これは本当に素晴らしい物です。
みなさんにもきっと気に入っていただけると思います。

Y先生に改めて、Droplet Projectメンバー一同より、深い敬意と感謝を。

次ページへ »