お気に入りキーボードがお気に入り

PCのキーは、知的障害、肢体不自由の子にはとっては打ちにくいことが多いですね。
かな表記だけのキーボードや、五十音配列のキーボードは、なかなか手に入らなかったり、ディスコンになっていることも多いです。

キー配列が自由に変えられて、キーのサイズも変えられて、一つのキーの文字列を割り当てられて…そんなキーボードないかねえ。

ありましたよここに!その名も「お気に入りキーボード」

まずは、しましま先生のご用命に答え、助詞学習用キーセットを作成。
大好評。
勢いにのって、更にキーが多い「プログラマブルキーボード」を入手して、五十音かな配列キーボードを作成。
大好評。
PCのキーボードやiPadのキーボードをそれなりに使っていた子も、ほとんどの子が
「こっちの方が使いやすい!」
と大絶賛。

代表は本日「日本肢体不自由教育研究会大会」で「障害の重い子どものコミュニケーション指導」という枠を担当させてもらったんですが、そこで初めてこの製品の実践活用例紹介。
フロアの方々にも好評だったので、ここでも紹介する次第。
信州カンファでも展示しますよ。

さて、肝心のこの製品を作っている企業。
その名も「長野テクトロン」
なんと長野県の会社だよ!ブラボー。
いやあ、こんな素晴らしい会社があるなんて。
探し続けた甲斐があったね。ようやく見つけたよ。
稲荷山養護学校から、徒歩10分の場所で。いや、マジで

こちらが30キー版。単語を組み合わせて文章が作成できるようにカスタマイズ。

こちらが30キー版。単語を組み合わせて文章が作成できるようにカスタマイズ。


こちらが96キー版。ひらがな入力専用にカスタマイズ。

こちらが96キー版。ひらがな入力専用にカスタマイズ。

スイッチラボ参加報告(タケウチ) その4

「良かった、できた〜」と安堵のため息。

上2つは課題製作。

タワッチは、虫をイメージして配線の形が羽みたいになるように配置。って、どうでもいいか。

下2つは燦父さんからいただいたオモチャ。いつもありがとうございます。

ようやくマイ半田を購入したので、少々の後ろめたさがなくなりました。

驚異のバナナ

「入れ物に言葉が入ってる」と思うと素敵

先日、VOCA○○王子ことOh!田先生からバナナケースのVOCAをいただきました。

保健室でどうやって使うかなー、悩むなー、などと考えていたのですが、持っていった翌日に早速大活躍。

受診が必要なケガをした児童がいたので、その子の好きな言葉をこれに入れて病院へ同行したところ、診察までの待ち時間をご機嫌で乗り切れた、というありがたい代物となりました。ボタンを押しては笑い、押しては笑い(本当は安静が必要だったのですが、それは断念しましたが・笑)。楽しいオモチャになってくれて大変助かりました。

バナナの形も、子ども達の興味を引くみたいですね。うーむ、やらないとわからないこの面白さ。何でもVOCAにしてみるべきだ。ケースの中を見ても、部品の配列や基盤の付け方なんか流石!奇麗なんですよ。数こなすとこうなるのかー、と思いました。

あたらめまして、Oh!田先生、素敵な物をありがとうございました。

と、誉めちぎっておくとなんか良い事あるかな〜(笑)。


 

 

 

 

 

 

 

 

先日クラスでかき氷をしました。

ハンドルを回して氷を削るタイプのかき氷機を使うのは難しい子が多く、う〜ん、どうしようと考えていたところ、電動のかき氷機をお持ちの先生が!

早速お借りして、ACリレーと接続。見事、ブィーンとスイッチで動きました。

シャクライ君と釈さんにも登場いただいて、シロップ係に。

 

子どもたちが自分でどんどんと作り、みんな自分でかき氷を作れました。このことも良かったのですが、今回もっと良かったのは、子どもたち同士のかかわりがすごく多かったこと。クラスの子同士のかかわりはもちろん、学年を越えてたくさんの自然なかかわりがみられました。

信州スイッチラボ(竹内編その2)

全て借り物。

これまでスイッチ教材など作った事がなかった私は、当然必要な道具など持っておらず。前回初めて参加した時も、「自分には向いてないかもしれないから」という理由で半田ごて等は購入せず。

今回、油断しまくって持ち物を一切忘れ、ニッパーすら無い状態だったのですが、全て周囲の親切な方が貸してくださいました。これまたありがたや〜。

半田ごてから最終的には自由製作に使う素材まで貸して(譲って)くださったOh!田先生。本当にありがとうございました。

信州スイッチラボ(竹内編)

何を作ったかは秘密です。

はたして私にスイッチに関する技能が必要なのか?疑問を持ちつつもなんだか楽しそうだという理由で、2回目の参加でした。

自由製作の時間、「これこれこういう物を作りたいんですけどー。これとこれをつなげるんですか?」と聞く私に、「これとこれを並列で・・・」と説明してくださったS社長。「???」となった私に、さささっと設計図をかいてくださいました。ありがたや〜。

スイッチラボでわかるのは、自分の不器用さとこの分野の事の知識のなさですね。

作りたかった物はまったくもって役に立たない物だったんですが、楽しく作れました。途中、自分の不器用さに心が折れそうになりましたが(笑)。

シャクライ君再登場

いけぇー

我がクラスでは、シャクライ君の人気は絶大。シャクライ君が登場すると、みんな大喜びです。(やはりシャクライ君もほしい…。)

そんなシャクライ君を、先日またまたお借りして、陶芸「コップ作り」をしました。

シャクライ君の動きにみんな釘付け。シャクライ君が粘土を流してくれるのを、作っている本人はもちろん、待っている子たちも笑顔で見つめていました。

焼き上がりが楽しみです。