2017年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

皆様にとってより良き一年となりますように。

Droplet Project

Merry Christmas

信州カンファレポも終わらず、ATACレポもできないままですが。

Merry Christmas

Droplet Project

ドロップスが第10回キッズデザイン賞を受賞しました

本日、7月8日に発表になりました。
ドロップスが第10回キッズデザイン賞を受賞しました。

内閣府認証NPO キッズデザイン協議会が主催するこの賞は、これまでにも数々の素晴らしい製品が受賞してきました。
今回ドロップスが受賞できたのは、これまで応援してくださったみなさん、活用を広げてくださったみなさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

正式な発表は後日させていただくとして、ひとまずご報告でした。
名称未設定

明けましておめでとうございます

年賀状2016

本年もどうぞ宜しくお願いします。

Droplet Project

ATAC2015 冬の京都 その6

ドロップレット・プロジェクトにとって、今年のATAC最大の事件はもちろんこれ。
そうです。
DropTalkの開発会社であるHMDT株式会社さんが、ついに単独企業展示!
これは、セッティングを終えて静かに開会を待つブースの図。
入り口すぐの、すごく良いポジション。IMG_1289

今年も…

クリスマスカード2015良いクリスマスを!

Droplet Project

機動歩兵に会いに行く

これ、戦艦の中ですから。

これ、戦艦の中ですから。


もう先月の話だが、横須賀で行われていた「宮武一貴原画展」に行ってきた。
宮武一貴は、日本のメカデザイナーの草分けであり、バリバリの現役最前線の職人だ。
彼の描いたデザインが、日本のSFやアニメーション、ひいては文化に与えた影響は計り知れない。

自分が宮武一貴の名前を意識したのは小学生の頃で、SFのことしか頭に無いどうしようも子どもだった小中高校生時代、常に彼のデザインは近くにあった。
しかし、その偉大さを本当に理解できたのはここ数年のような気がする。

一昨年、信州カンファで「身体感覚とロボット 〜障害と身体性認知科学〜」という講座を受け持たせていただいた時に、人間の身体とそれを増幅する装置としてのパワードスーツについて、改めて手持ちの資料をひっくり返した。
語るべきことは昔から温めていたので、構成するのに苦労はなかったが、補足資料を追えば追うほど、先人のSF的想像力と洞察力の凄さに驚かされるばかりだった。
作家ハインラインの想像力と、それを世界一のビジュアルイメージに高めた日本の青年デザイナー達の、新しい地平を切り開く叡智。
その凄さに40年経ってから改めて気づかされた。

さて、宮武一貴原画展。
横須賀に展示されている記念館「三笠」の中で行われた異色の原画展である。
なんでそんな特殊な場所で行われたかはググっていただくとして、少しでも興味をもった方は、是非足を運んでいただきたいが、残念ながら展覧会は今日まで。
偉大なる職人はめったなことではメディアに登場しないので、今回のような企画がもう少し大きな規模で行われることを祈るのみ。

自分はマンガまで広げた「障害観とメディア」の関係を、来年はもっともっと整理し深めてみたい気持ちになった。
「点と点が繋がる」というのはそういうことなのだ。

信州カンファ2015レポ#6

IMG_3193今年のバッヂ・マグネットとTシャツ。

Tシャツの後ろにゾウさんの後ろ姿を入れようと言ったのは代表。

マグネットも、ゾウさんの顔と後ろ姿をセットにして売る案を出したのは代表。

 

 

 

 

IMG_3194そうです、ドロプロのデザイナーは私だけではないのです。

今年はTシャツも完売したみたいで嬉しい。

残暑お見舞い申し上げます

残暑見舞い2015残暑お見舞い申し上げます

Droplet Project

かもめじゃないけど来たよ

IMG_2543

どこかで見たら竹内作と思い出してください。

先日投稿した魔法のプロジェクトへのご協力の続き。今年はバッヂのデザインの他にも楽しいお仕事が!

なんと、プロジェクトの有志でステッカーを作成!そのデザインをさせていただきました。

昨年「魔法のワンドプロジェクト」で登場した魔女っ子ワンドちゃんをメインにしたステッカーでした。実物を見て、色合いが良いことに驚き(印刷に出すとイメージと違うことも多いので)、さらにもうちょっと大きいステッカーでもよかったかもなと思ったり。

ちなみに、かなり良い仕上がりでしたが、魔法プロジェクトの前夜祭参加者限定販売だったので、市場には出ません。あしからず。私もデザイン担当として数枚いただいたので、パソコンに貼ろうっと。

まあともかく、楽しくお仕事させていただきました。

…しかし、シンボル以外のお仕事が増えてきて、結構自分の首を絞めていることはあまり言うまい。

次ページへ »