信州スイッチラボ レポ#11

IMG_1154終了後、記念撮影。

こんな良い機会をいただいたスイッチラボに感謝。

本当にありがとうございました。5月も絶対参加します!

信州スイッチラボ レポ#10

IMG_1149支援の基本、支援機器活用の基本。時代は関係なく、心構えというか、本当に核みたいな部分を教えていただ
くお話。最後のビデオはやっぱりウルウルしちゃう。

私が初めて畠山先生のお話を聴いたときは、まだiPadは支援機器として使われていなかった。支援機器として使われ始めた今日でも、やっぱり基本は変わらないんだなあと思いました。

先日の「アイカツ」で、DropTalkを初めて使ったお母さん方が、「しゃべった!」「わー!しゃべる!」という反応をされたのですが、それを聞いた時の感覚が大切な感じがします。なんとなく、ですけど。

写真は講演会最後にスイッチラボ発起人であるS社長が御礼の言葉を述べた時の様子。言葉では語れない部分で何を思っていらっしゃったか・・・。

 

信州スイッチラボ レポ#9

IMG_1141「これは何に使う物か?」という部分で壇上へ上がったH先生とbo-ya氏。後ろのスライドがバッチリ心境を表していて笑える。

信州スイッチラボ レポ#8

IMG_1133いよいよ開始!

今回、チラシ用に似顔絵を描かせていただきましたが、全く似ていない(笑)。

似顔絵についてご本人から、「妻に十数年前のあなたと言われた」「名刺に入れたい」というありがたいお言葉をいただきました。は〜、生きてて良かった・・・。

信州スイッチラボ レポ#7

我ながら良く撮れた、この写真

我ながら良く撮れた、この写真

サインなどねだっていたら、逆にサインをねだられる(笑)。

人生初のサインだそうだ。

信州スイッチラボ レポ#6

IMG_1124講演前にOh!田先生がサインをねだる。

いいなー。

信州スイッチラボ レポ#5

IMG_1128ずいぶん日にちが経ってしまいましたが、レポを続けます。

本当は懇親会のときの様子を先にアップしたかったんですが、写真が無いので2日目のレポへ。(代表、あったら送ってください)

2日目は畠山先生の講演会でした。

講演のタイトルが出る前のスライドも素敵。ミケランジェロの「アダムの創造」。色々な解釈はともかく、触れるか触れないかという描写で瞬間を切り取るミケランジェロの才能たるや。

この絵を選ぶ畠山先生の意図というか、お気持ちをお聞きしたかった。

信州スイッチラボ レポ#4

写真 1ラッチ&タイマーを無事製作し終え、フリー製作会へ突入。

前回途中になっていたハートのイチゴ型VOCA、ようやく完成しました(涙)。色々失敗して「あー!!もう!!」となること数回。隣の方に笑われたり、代表やオオツボに「ガラが悪い」と言われたりしつつも、何とか完成に至りました。

さーて、何に使うかな(笑)。

信州スイッチラボ レポ#3

写真 1-1製作講習会の様子。

半田ごてを指し棒に説明。さすが「はんだ大介」、いや「はんだ大好き」。

この講習会も良かった。Oh!田先生のぽわーん、ほわーん、とした空気と語り口。何とも言えない間といい、「味がある」という表現がぴったり。「私も出来るかも」と思わせてくれたり、「ま、わからなくても聞けば良いか」とか、「まあ、何とかなるか」みたいな気持ちにさせてくれる人です(笑)。

信州スイッチラボ レポ#1

写真 2参加してきました、信州スイッチラボ。

今回はスペシャル企画の講演会はもちろん、スイッチラボ特製ラッチ&タイマーの製作会ありの、懇親会ありの、ワンダフルな内容。

1日目は長野大学の伊藤先生の講義から始まり、怒濤の製作会でした。

基盤がカッコいいラッチ&タイマー。私でも作れました!(ああ、カッコイイ基盤は写真に撮り忘れた・・・。)聞くと、破格1000円のラッチ&タイマーが出来上がるまでにも色々あったようで。いろんな方のご協力があってこの会が開催されていると実感しました。

しかし、みんな良い顔して参加しているのが良い。「楽しいねー」って。

次ページへ »