信州特別支援教育カンファレンス2019 おまけレポ

今年3回目のブログ更新です。

先日、信州カンファ実行委員でもある原先生の「しましま日記」をチェックしたら、かなりの頻度で更新されていてビックリ。反省して、今年はもうちょっとドロプロブログも更新できるように頑張りたいと思った次第。

というわけで、信州カンファレポのおまけです。

2日目、代表による「最終講義:障害観とフィクション〜意識や人間性は必要か?〜」。数年前から始まり、一部の聴衆から好評を得ていたSF談義。いつも時間が足りずに最後まで行き着けなかったのですが、最後の信州カンファでようやく最後まで行き着きました!・・・良かった。

真面目な話じゃないってまずは宣言。

内容をざっくりと言いますと、

世界三大SF作家の作品を軸に、様々なSF作品を介してSFがいかに現実社会の「未来の世界観」を変えたか、日本のサブカルチャーにどのように影響を与え、さらに世界にどう影響を与えたのか、SFがどのように障害者や支援機器を描いてきたのか等から、現代における障害観について考察する、って感じでしょうか。

正直、時間の割に情報量が多くて、普段接していないような慣れない情報だったりカタカナが多かったり(笑)で、自分で思考しながら聴いていると話に追いつかないというか、取り残されてしまう。なので、聴き入って終わってしまい、後で振り返って説明しようとしても「えーっと・・・」と言葉にできない。でも、色々と考えたくなる話なんです。

最終回にしてようやく終着点にたどり着き、ホッと一安心。ああ、これも信州カンファが終わっちゃうからこれで聴き納めかー、と思っていたら。

奇特な方が県外でこのお話をしてくれないかとご依頼してくださり、なんと先日実現しました!

怪談話?な会場。でも、これも良かった。

佐賀まで行って、畳敷きの和室、アロマランプのラベンダーの香りが漂う暗闇の中、2時間の講演でした。

信州カンファとは違った場だったので、聴衆の雰囲気に合わせてフレンドリーに、さらに丁寧な説明でわかりやすく話していただき、聴衆はより理解が深まった感じ。みなさん色々と思うところがあったようで、「こわーい!」とか「へええ!」とか「面白ーい!」とか言いながらの楽しい時間でした。

そして・・・、なんとこのSF談義が本当に書籍になるみたいですよ!実現するといいなあ!

信州特別支援教育カンファレンス2019レポ#07

ホッと一息、お昼休み。

ほっともっとの最高級弁当に舌鼓。

昼休み後の「荒波」セッションの打ち合わせに余念のない4人。荒波Tシャツなのは杉浦社長だけで、一番荒波好きなのは杉浦社長なのかもね。

信州特別支援教育カンファレンス2019 夜明け前 その2

信州カンファ最終回を記念して、特別公開!第10回のメインデザイン案の全て!

第9回「何つくる?」のフライパンからの連想。フライパンで作ったのはオムレツ?オムライス?

数え歌だったらこれしかない「煙突とお月様」。煙の具合が気に入っている。

「煙突とお月様」の変化バージョン。イギリスではない、日本の工業地帯のイメージ。

第1回がキリンだったので、初心に戻ったキリンで。「煙突とお月様」もそうですが、夜を青以外の色で表現したかったので、あえて緑っぽい配色。

総合的に見て、どうしても好みのせいで、シアンを消費するデザインが多くてご迷惑をおかけしました。まあ、実行委員の面々を見ればどうしたって「元気いっぱい!」みたいなデザインにはなり得ないので、この色合いになることも仕方ないと思っていただきたい。

信州特別支援教育カンファレンス2018 レポ#13

そんなこんなで終わった「教材の鉄人」。このコーナー、観ている人が面白かったのかどうかちょっとわからないのですが、やっている方は楽しかったです。

「教材の鉄人」から遡ること1日前。前日準備終了後、私は帰宅してからいそいそと一つの物を作りました。それがこちら。

厚紙を切って黒く塗っただけ

「教材の鉄人」で代表が服部先生に扮するにあたり、「やっぱ服部先生といえばこれなんだけど…」と悩んでおりました。それは服部先生の着ている服。「マオカラースーツ」というらしいですね。

本物はないので似たような服を、ということで学ランも試したそうですが(試したんかい、というツッコミは特に出なかった)、どうにもしっくりこない。黒シャツの襟を中に折り込むのが一番近い、という結論に至ったそうで…。どうでもいいことに結構こだわっていたのが健気だったので、小細工して襟(カラー)を作ってみました。

あれがこれになるとはね。

服部先生に近づいたでしょうか。

ドロップトークがついにWindowsに対応

「視覚シンボルで楽々コミュニケーション2」はATACに間に合わせることが目標でした。
そして、ATACに間に合ったものがもう一つあります。
そう、DropTalk Windows版です。
ATACで正式にお披露目され、大きな反響を得ることができました。
というか、ここ数年デモは、開発会社のHMDTさんが自らやってくださっています。
ドロップレット・プロジェクトのメンバーは、それを見守るのみ。
ありがたや。

そしてATACから1週間。
ついにDropTalk Windows版が正式に販売開始になりました。

まだご存じなかった方は、まずは是非こちらにアクセスしてみてください。

信州特別支援教育カンファレンス2017 レポ#1

了解、受けてたちましょう。
交換日記なんて、なんか中学生時代を思い出してドキドキしますね。
やったことないけど。

実行委員のどなたかも書いてましたが、
自分も前日準備と実行委員の打ち上げが大好き。
そのために信州カンファやっていると言っても過言ではない。

毎年お土産の完成品を見るのが楽しみですが、
今回は事前に、bo-ya氏によるフリスクを模したデザインに驚嘆していたので、
実物がどんな風になるか、本当に楽しみでした。

で、開けてみたら…。
似過ぎてて、本物のフリスクにしか見えないという妙なパラドックスに。
しかも箱に入った姿は完全に、禁輸品。
こういう「おかしさ」を味わえるのは、実行委員ならでは。
お菓子だけに…。

あまりの怪しさ、本家との見分けつかなさに、苦笑う

お気に入りキーボードがお気に入り

PCのキーは、知的障害、肢体不自由の子にはとっては打ちにくいことが多いですね。
かな表記だけのキーボードや、五十音配列のキーボードは、なかなか手に入らなかったり、ディスコンになっていることも多いです。

キー配列が自由に変えられて、キーのサイズも変えられて、一つのキーの文字列を割り当てられて…そんなキーボードないかねえ。

ありましたよここに!その名も「お気に入りキーボード」

まずは、しましま先生のご用命に答え、助詞学習用キーセットを作成。
大好評。
勢いにのって、更にキーが多い「プログラマブルキーボード」を入手して、五十音かな配列キーボードを作成。
大好評。
PCのキーボードやiPadのキーボードをそれなりに使っていた子も、ほとんどの子が
「こっちの方が使いやすい!」
と大絶賛。

代表は本日「日本肢体不自由教育研究会大会」で「障害の重い子どものコミュニケーション指導」という枠を担当させてもらったんですが、そこで初めてこの製品の実践活用例紹介。
フロアの方々にも好評だったので、ここでも紹介する次第。
信州カンファでも展示しますよ。

さて、肝心のこの製品を作っている企業。
その名も「長野テクトロン」
なんと長野県の会社だよ!ブラボー。
いやあ、こんな素晴らしい会社があるなんて。
探し続けた甲斐があったね。ようやく見つけたよ。
稲荷山養護学校から、徒歩10分の場所で。いや、マジで

こちらが30キー版。単語を組み合わせて文章が作成できるようにカスタマイズ。

こちらが30キー版。単語を組み合わせて文章が作成できるようにカスタマイズ。


こちらが96キー版。ひらがな入力専用にカスタマイズ。

こちらが96キー版。ひらがな入力専用にカスタマイズ。

ドロップスが第10回キッズデザイン賞を受賞しました

本日、7月8日に発表になりました。
ドロップスが第10回キッズデザイン賞を受賞しました。

内閣府認証NPO キッズデザイン協議会が主催するこの賞は、これまでにも数々の素晴らしい製品が受賞してきました。
今回ドロップスが受賞できたのは、これまで応援してくださったみなさん、活用を広げてくださったみなさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

正式な発表は後日させていただくとして、ひとまずご報告でした。
名称未設定

告知:ICTを活用した教育を行うテクノロジースペシャリスト養成講座(2016年7月31日)

GWも終わり、ここから7月まで休みなし。
夏まで一気に仕事、仕事、間断無い実践の日々が続くわけです。

夏の講義や研修会の仕事が決まって来ています。
最初に正式な告知が出たのは、
「ICTを活用した教育を行うテクノロジースペシャリスト養成講座」
というもの。
夏真っ盛り、7月31日にハイブリッド・キッズ・アカデミーで行います。

代表は、高松養護学校の近藤先生(そう、今年新たに「あの」「魔法のティーチャー」になった近藤先生です!)
と一緒に
「自閉症や知的障害のある生徒とのコミュニケーション支援」
というお題をいただいています。

先日イエロー養護の高等部職員向けに、ASDの生徒への支援の基礎の基礎というミニ研修をさせてもらいました。
自分的には、これまでずっとやってきた「視覚支援の重要性」について、少し別の切り口から話したつもりでした。
ところが、反響は全然違いました。
聴講してくれていた画伯からも「先生たちの反応が今までと違った」とのコメント。
何が違ったのか、
それが「コミュニケーション支援」のあり方そのものに関わるような気がするので、
この夏の研修で少しその辺もお話できれば、と思っています。
と、さりげなくない客引きメッセージ。

iPad Pro 9.7インチでのKeynoteの動作の軽快さは、総合的にはMacBook 12 retineを越えている。

iPad Pro 9.7インチでのKeynoteの動作の軽快さは、総合的にはMacBook 12 retineを越えている。

県立長野図書館 バリアフリーサービス研修会 #1

図書館で研修会!

小学校の頃、通知表に
「休み時間はだいたい図書館にいます」
と書かれたことをしっかり覚えている代表にとって(友達がいなかった、というのも大きいけどね)、図書館は心のふるさと。
県立長野図書館といえば長野県内の図書館のドン(違う?)。
そこで、特別支援とICTについて話して、とオファーをいただけば、それはもう喜んで!
素敵なチラシで、盛り上がって当日。

LBFI

次ページへ »