ATACセミナー2013東京 レポ#8(最終)

写真 4-1長野に帰ってきたら、すっかり秋の雰囲気。夏、終わったなーって感じでした。

夏は研修会シーズンですね。PECS研修会から始まり、信州カンファ、ATACと、多種多様な(?)研修会に参加しましたが、そんな夏も終わりです。夏休みも終わって、日常が戻ってきましたし。

あ、夏の最後にまだあったぞ!「iPad活用コミュニケーション講座(アイカツ)」!8月31日(土)は、権堂まちづくりセンターへどうぞ。

以上、ATACセミナー2013東京、竹内レポでした。

ATACセミナー2013東京 レポ#7

写真 3-1

なんか励まされているのか?

そんなこんなで、学びの多かったATACセミナー。

帰り道は途中まで矢島先生とご一緒しました。

矢島先生は東京から一路名古屋へ。翌日は三重で本田先生と研修講師になっているとのこと。す、すごいですねー。

代表はといえば、本日は神戸で、明日は鳥取で研修講師だそうです。今頃鳥取の空の下かー?

ATACセミナー2013東京 レポ#6

写真 2-1

一緒に帰れば良かったのに、お声がけせずすみませんでした・・・。

2日目にはサプライズが!

なんと、大分でのK-ABC学会に参加するついでに宇佐市で研修会講師までしてきた原先生が、最後の30分のみ登場!「不適応行動の改善」というテーマで実践を紹介してくださいました。(前日にもテーマに入れていましたが、発表自体は代表がしました)

iPadを使用した事例として語られるのでついiPadに目がいってしまいますが、支援というのはかくあるべき、という事例だと思います。何のための学校か、何のための支援か。教員ができること、しなくてはいけないことは何か。お子さんに合った生きたツールを見つけ、より良く・楽に生きる力を身につける・・・。見ているのは卒業時点ではなく、その先。

これまた、ぜひ多くの方に聴いていただきたい内容です。

ATACセミナー2013東京 レポ#5

写真 1-12日目、私は矢島先生と巌淵先生の肢体不自由や重度重複障害へのアルテク活用術」に参加。

・・・でしたが、自分の発表やワークショップのお手伝い、大久保の発表見守り等で、結局あまり長くいられず・・・。申し訳ありませんでした。矢島先生、失礼をお許しくださいー。(矢島先生の語り口は相変わらずで、会場の方達がポワーっとしている感じがしました・笑)

なんだかんだ言いつつOAKを実際に見たことがなかったので、今回実際に見れたのが収穫。年度末あたり、活用実践報告があると思うので、楽しみにしたいと思います。

ATACセミナー2013東京 レポ#4

写真 4私も発表がありましたが、オオツボも。

まだまだ修行が必要ですが、温かい目で見守ってくださった参加者の皆様、ありがとうございました。

ATACセミナー2013東京 レポ#3

写真 3

ワークショップでもiPad大活躍

セミナーの中では、いつものVOCAワークショップもありました。

回数を重ねるごとに洗練されてきた感のあるこのワークショップ。参加者の顔ぶれで、毎回違う様相を呈します。課題をクリアするために話し合う過程が、とても面白い。内容に興味がある方は、ぜひ実際に参加して体験してほしいです。

このワークショップは、参加する方達に学びや気づきがあるのは当然なのですが、お手伝いする側も学ぶことがたくさんあります。2日目には、普通にセミナーに参加されていた大分のヨットマン高野さんに急遽お手伝いをしていただきました。ありがとうございました。お手伝いする側の客観的な見方もまた面白かったですよね、高野さん?

ATACセミナー2013東京 レポ#2

写真 2なんと、今回は代表が「自閉症や知的障害へのスマホ・タブレット活用術」と題したコースの講師に!私は2日間のセミナーをお手伝いしたり、自分もじっくり参加したり、でした。

ワークショップを入れたり、竹内や大久保の拙い実践発表を入れたりしつつ、1日という長丁場×2日間を無事に乗り切った代表。しかし、1日しゃべるというのはすごいことですね。いや、まず1日話せる内容があるってこと自体がすごいですね・・・。

身内ボメになり恐縮ですが、代表は早口ですが(笑)、講義の内容はいつもわかりやすく、面白く、スライドも素敵です。私は世の中の誰よりも(ま、大久保も同じくらいか)たくさん代表の話を聴いていると思いますが、毎回楽しんで聴けるし、新しい発見があります。

というわけなので、代表の講義内容はぜひ本物を見て!(笑)

ATACセミナー2013東京 レポ#1

写真 1大久保君のレポが先になりましたが、ATACセミナー2013東京へ参加してきました。ので、ここから竹内のレポ開始。

会場は、昨年冬のATACと同じ都市センターホテル。一度行った場所だと思うとホッとします。

・・・が、前回訪れた時と同様、長い階段のあるルート選択に。ああ、暑いのに・・・。どうしたら違う道を通れるの?永田町からのアタックならいいの?赤坂見附からだとダメなの?もー、都会って・・・。

昨年冬のATAC参加の際に、雨の中この階段を「タクシーにしようって言ったのに!」と代表に怒られながら上った、のを思い出しつつ今回は一人でえいさほいさと上る。

ATAC2013レポ オオツボ発表編

緊張

緊張。だけど楽しくなってきた(笑)

ご無沙汰しておりますー、オオツボです。

カツオはまだ余裕をかましているだろうこの時期、長野県は夏休みが終わり、新学期既に一週間が過ぎました。

ATACセミナー2013に参加してきました。(本編のATACレポの前に番外編!?)

今回の夏ATACでは、先のエントリーにもありますように、代表が「自閉症や知的障害へのスマホ・タブレット活用術」という講座を丸2日間!その中でオオツボも時間をいただき、「iPadを使った実践発表」をさせてもらいました。

レポというよりは、感想になってしまうのですが、自分の発表を通じて感じたことを。

何より大切なのは実践ですが、その実践をいかにわかりやすくまとめるか、そして面白く伝えるかー。身内でこんなことを言うのも何ですが、代表の話は丸1日(2日)ぶっ通しで聴いていても面白い。何度聴いても面白い。実践はもちろんだが、そのまとめ方、伝え方。代表のいろんな意味でのすごさを改めて感じました。

自分はまだまだ浅いなー、と感じた2日間でした。ですが、自分の発表も含めとても楽しめた2日間でもありました。