DropTalk HDってなに?

 (2013年8月22日掲載)

DropTalk HD
DropTalk HD

App Storeで販売中 (2,500円)

DropTalk HDってなに?

「DropTalk HD」(ドロップトーク・エッチディー) は、iPhoneむけVOCAアプリ「DropTalk」のiPad対応版です。iPadの大画面を生かし、さらに使いやすくする機能を追加しました。シンボルは700語の「ドロップス」があらかじめ搭載されています。

iPhone版DropTalk HDから強化された機能

DropTalkのよさを引き継ぎつつ、次のような機能を強化しました。

  1. 複数のキャンバスが使えるようになりました
  2. キャンバスのボタン配置の種類が増えました
  3. キャンバスの編集がより簡単になりました
  4. 文章モードが強化されました
  5. 読み上げ時にシンボルを拡大表示できるようになりました
  6. ライブラリの機能が強化されました
  7. 新規シンボルの作成が強化されました
  8. 機能ボタンを隠せるようになりました
  9. ボタンにシンボル名を表示できるようになりました

1. 複数のキャンバスが使えるようになりました

複数のキャンバス

iPhone版DropTalkでは、ボタンを配置するキャンバスは一つしかありませんでした。DropTalk HDでは複数のキャンバスを使えるようになりました。使用する場面に合わせて簡単に切り替えることができます。

2. キャンバスのボタン配置の種類が増えました

ボタン配置の種類

iPhone版DropTalkでは、キャンバス上のボタンの配置は5種類で、縦画面だけに対応していました。DropTalk HDでは配置が16種類に増え、横画面にも対応しました。

3. キャンバスの編集がより簡単になりました

キャンバスの編集

DropTalk HDでは、キャンバスの編集モードにすぐに入れるようになりました。シンボルを配置したいボタンをタップすると、ボタンのすぐ近くにシンボル・ライブラリが表示されます。どのボタンにどのシンボルを割り当てるか、直感的に操作できるようになりました。

4. 文章モードが強化されました

文章モード

DropTalk HDでは、文章モードの文章窓に消去ボタンが付いたので、文章を修正するのが簡単になりました。また同一のシンボルを複数回、一つの文章のなかで使えるようになりました。

5. 読み上げ時にシンボルを拡大表示できるようになりました

シンボルの拡大表示

ボタンをタップして読み上げるとき、シンボルを自動的に拡大表示する機能を追加しました。オン/オフを切り替えることができます。

6. ライブラリの機能が強化されました

使いたいシンボルを探すためのライブラリが、iPadの大画面を生かすよう再設計されました。階層化されたカテゴリー分けが見やすくなっています。また、搭載するドロップスは700語に増えました。カテゴリー分けは、自分の好きなように変更することができるようになりました。シンボルの検索も可能です。

7. 新規シンボルの作成が強化されました

シンボルに割り当てる音声の録音時間は、iPhone版DropTalkでは10秒でした。DropTalk HDでは、記憶領域が許すかぎり無制限になりました。あらかじめ入っているシンボルの音声だけ変えたり、シンボルだけ変えたりもできます (簡単に元に戻せます)。

8. 機能ボタンを隠せるようになりました

iPhone版DropTalkの画面下部には、「キャンバス」「ライブラリ」「シンボル作成」「設定」という機能ボタンがありました。DropTalk HDでは利用者がうっかり触ることがないよう、機能ボタンを隠せるようになりました。ナビゲーション・バー (画面上部のキャンバスの名称が表示されている部分) を長押しすると、隠すことができます。同じ部分をもう一度長押しすると、表示できます。

9. ボタンにシンボル名を表示できるようになりました

ボタンにシンボル名を表示するか表示しないか、切り替えられるようになりました。表示する場合の文字サイズも、大/中/小から選べます。

DropTalk HD Freeってなに?

DropTalk HD
DropTalk HD Free

App Storeで配布中 (無料)

DropTalk HDのいくつかの機能を制限したかわりに、無料で使えるのが「DropTalk HD Free」です。使ってみて気に入ったら、「DropTalk HD Freeライセンス」(2,500円) を購入することで、すべての機能が使えるようになります。

DropTalk HD Freeの機能制限は、以下のとおりです。

「DropTalk HD Freeライセンス」は、「アドオン」としてアプリ内で購入できるほか、銀行振込でも登録申請ができます (見積書と請求書も発行できます)。詳しくはHMDT株式会社の「DropTalk HD: ライセンス登録に関するお問い合わせ」をご覧ください。


Copyright © 2013 Droplet Project. All rights reserved.